体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーラもファンタも凍らせて美味くなる!? でも炭酸は? 揉み飲み用『コカ・コーラ フローズン レモン』『ファンタ フローズン グレープ/オレンジ』の謎を探る!

「クーリッシュ」(ロッテ)など、揉みながら食べる(飲む)パウチタイプのアイスはもはや定番。それをシャーベットのようにコーラやファンタ味で実現したのが『コカ・コーラ フローズン レモン』『ファンタ フローズン グレープ/オレンジ』。え!? 通常凍らすことができない炭酸はどうなっているの? さあ確認だ。

爆発するから凍らせちゃいけないのが常識の炭酸飲料。一体どうなっているの!?

ペットボトルのコーラなどの炭酸飲料を冷凍庫に入れると……、ちょくちょく爆発する。そう、凍らせようとしても炭酸は家庭用冷蔵庫では凍らないし、凍る時に水だけが先に凍り、炭酸を追い出して膨張して凍るので、結果多くの冷凍庫は大惨事となる。

急いでビールを飲みたいからといって、すぐ出すつもりで冷凍庫にイン、ついつい忘れて放置、冷凍庫内大惨事という経験を持つ人も少なくないと思う。

ところが公式からコーラとファンタのフローズンドリンクが出るという。コカ・コーラシステム『コカ・コーラ フローズン レモン』『ファンタ フローズン グレープ/オレンジ』(各125g・希望小売価格 税抜各130円・2018年4月16日発売)だ。

今回はアイス用冷凍庫に登場する模様

これは大いに気になる。炭酸が凍っているということ? では実際に飲んで確認してみよう。

 

 

このフェイントはアリなのか!?
『コカ・コーラ フローズン レモン』

いわゆる「クーリッシュ」と同じ、揉みながら溶かしつつ飲むタイプのパウチ製品。「コカ・コーラ」史上初となるフローズンドリンクである。昨年5月には氷点下で楽しめる“アイスコールド「コカ・コーラ」をリリースしたものの、専用冷却機が必要であり、手軽とは言えなかった。

目指したのはシャーベット状。凍らせると固くなってしまうコカ・コーラをいかに柔らかくするかということで、非常に苦労した模様。ただ原材料名に”炭酸”の文字はない。あれ、どういうこと!? コーラなのに炭酸無し?

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。