体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

航続距離300キロ! 騒音抑えたVolvoの初EVトラック、来年生産開始へ

Volvoは、同社初となるEVトラック「FL Electric」を発表した。総重量16トンの中型トラックで、航続距離は最長300キロとなる。

都市部での輸送や、ごみ収集などに最適としていて、欧州で来年にも本格生産に乗り出す。

・まず特定顧客に

Volvoは先月、通常タイプの16トントラックを発表したが、今回のFL Electricはその電気版となる。都市部での使用を想定し、可能なかぎり騒音を抑えているのが特徴だ。

初めの数台は特定顧客に提供するとしていた通り、スウェーデン・ヨーテボリの運送会社TGMとごみ収集サービスRENOVAが当面1台ずつ使用する。

・DC高速充電で2時間

FL Electricのバッテリーは容量3タイプが用意されていて、航続距離は最長300キロメートル。常時130kW出力可能なモーターを搭載している。

バッテリーの充電は、高速充電DCシステムを使うと、2時間で完了。通常のACプラグでも充電可能で、ただしこちらだと10時間かかる。

クリーンエネルギーで動き、環境と懐に優しく、加えて騒音も少ないとなれば、企業にとってトラック買い替えや新車導入時には強力な選択肢となりそう。

米国においてはTeslaやUberなどがEVトラックを開発中で、これから世界中で加速度的にディーゼル・ガソリンから電気への変換が進みそうだ。

Volvo Trucks

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy