体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どん兵衛話題の新製品『どリッチ 全部のせうどん』を発売開始前に自作! 完全再現に成功!

スープは『関西版どん兵衛きつねうどん』のものを使用

続いて問題なのがスープの味。『どリッチ 全部のせうどん』で使用されているスープと同じ味のものが存在しないのなら、そもそも再現することができません。

まず『どリッチ 全部のせうどん』のWebページをチェックしてみると「昆布とかつおだしが上品に調和したつゆ」と紹介されていました。

そして原材料をチェックしてみると「食塩、魚介調味料、粉末しょうゆ、魚粉、魚介エキス、香辛料、ねぎ、昆布エキス、糖類、昆布粉末、昆布調味料」と書かれています。これと同じ原材料を使ったスープを使うことができれば完全再現が可能となるのですが、他のどん兵衛をいろいろ調べてみると、ほぼ一致するどん兵衛を発見することができました。

そのどん兵衛とは『関西版どん兵衛きつねうどん』。原材料は「食塩、魚介エキス、粉末醤油、魚粉、昆布エキス、七味唐辛子、ねぎ、糖類、昆布粉末」と、内容は若干異なりますが、大まかな並び順も同じなことがポイントです(使用量が多い順に並んでいるそうです)。

実際にそれぞれのスープをカップに入れてみましたが、やはり色は完全に一致! ここは『どリッチ 全部のせうどん』のスープは『関西版どん兵衛きつねうどん』と同じだと信じ、ふたつのカップに熱湯を注ぎます!

食べてみたら見事に完全一致! 『どリッチ』はあまりにも贅沢などん兵衛だった

熱湯を注いで待つこと5分。最後に天ぷらをのせ、ついに『どリッチ 全部のせうどん』が完成しました!

右が本物の『どリッチ 全部のせうどん』、左が自作の『どリッチ 全部のせうどん』なのですが、見た目も見事に完全一致!

っていうか、ひとつのカップの中に油揚げ、天ぷら、肉の3種が浮かぶ贅沢感があまりにもヤバい……! これまでにたくさんの製品が発売されてきたどん兵衛シリーズですが、間違いなく過去最高に贅沢でプレミアムな一品でしょう。

そして2品を食べ比べてみましたが、予想通り味も完全に一致! 『どリッチ 全部のせうどん』は『関西版きつねうどん』のスープをベースに開発された製品だと言えそうです。

昆布のダシが前面に出た関西版どん兵衛のスープは主張が強くなく、見事に天ぷらと肉の味を引き立てる約に回っています。関西のスープだからこそ、夢のコラボが実現したといっても過言ではないでしょう。

もし、4月23日の発売が待ちきれないという方や、発売になったけどなかなか入手できないという方は、今回のように自力で再現することも可能ですので試してみてはいかがでしょうか。今まで味わったことのない贅沢などん兵衛を体験できるはずです。

ただし、自作で『どリッチ 全部のせうどん』を作ってしまうと、『天ぷらなし天ぷらそば』『肉なし肉うどん』という地獄の2品が誕生してしまいますので、その点だけご了承ください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy