体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どん兵衛話題の新製品『どリッチ 全部のせうどん』を発売開始前に自作! 完全再現に成功!

日清食品の数あるインスタント麺の中でも、熱烈な支持を集める『どん兵衛』シリーズ。その新製品が4月23日に発売開始となるのですが、従来のどん兵衛とは一線を画した内容で発売前から話題となっています。

どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん

その新商品とは『どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん』。なんと、どん兵衛の人気商品である『きつねうどん』『天ぷらそば』『肉うどん』でお馴染みの具材である油揚げ、天ぷら、肉の3種がトッピングされたボリューム満点の組み合わせとなっているのです。

『どん二郎』や『名古屋どん兵衛』のようにパンチの効いたどん兵衛は、これまでネットでアレンジされて誕生してきましたが、公式でここまでパンチの効いたどん兵衛が登場するのは初めてと言えるでしょう。

うどん屋や立ち食いそば屋などでは自分の好きなように具材をトッピングできるのが醍醐味なのに、どん兵衛で他の具材をトッピングするにはトッピングする具材の数だけカップを開封しなければなりません。

それをひとつの商品を買うだけで実現できるわけですし、具材の相性も日清食品がチョイスしているのですから間違いないはず。これは一刻も早く食べたい……!

発売まで我慢できないから自作してみた

というわけで、発売まで待ちきれないので、現在販売されているどん兵衛を使って一足先に『どリッチ 全部のせうどん』を自作してみることにしました! 日清食品から実物の『どリッチ 全部のせうどん』も提供いただいたので、完璧に再現できるよう比較しながら挑戦します。

まずはどん兵衛のきつねうどん、天ぷらそば、肉うどんの3種を開封してみると、早速気になることが出てきました。

肉うどんの「かやく」には肉だけでなく、長ネギと天かすも一緒に封入されているではないですか。

『どリッチ 全部のせうどん』は肉だけしか入っていなかったので、完璧に再現をするのなら地道に肉だけを取り出して使わなければなりません。仕方ない……。

細かい肉片までしっかり分別し、どうにか『どリッチ 全部のせうどん』と同じ状態にすることができました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。