体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーケイド・ファイア、ロンドン公演にボーイ・ジョージとフローレンス・ウェルチが参加

アーケイド・ファイア、ロンドン公演にボーイ・ジョージとフローレンス・ウェルチが参加

 現地時間2018年4月13日、英ロンドンのSSEウェンブリー・アリーナにて行われたアーケイド・ファイアの公演にフローレンス・ウェルチが出演し、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの「Dog Days Are Over」のカヴァーをバンドとともに行った。

 さらには、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージも登場し、1983年の大ヒット・ナンバー「カーマは気まぐれ(Karma Chameleon)」をカヴァーし、ラストは両者に加え、公演のオープニング・アクトを務めるプリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンドがバンドとともに「Wake Up」を披露した。

 今回のツアーにて、ウェンブリー・アリーナでは3公演が行われたが、初日にはプリテンダーズのクリッシー・ハインドとザ・ナショナルのブラス・デスナー、2日目にはパルプのジャーヴィス・コッカーがゲストとして出演している。

◎ファンによる映像
https://youtu.be/duM6JvUzPDc
https://youtu.be/AKztG2BbqtQ
https://youtu.be/iLBCOxqjY-8

関連記事リンク(外部サイト)

アーケイド・ファイア、ダブリン公演でクランベリーズ「Linger」のカバーを披露
アーケイド・ファイア、ラスベガスに強さと希望を与えたマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ公演をレポート
アーケイド・ファイア、新曲のMVを公開 ニューALは7/28リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy