体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜジャニーズはルックアップに強いのか?! 嵐とHey!Say!JUMPのアクションの謎【Chart insight of insight】

なぜジャニーズはルックアップに強いのか?!  嵐とHey!Say!JUMPのアクションの謎【Chart insight of insight】

 ビルボードのHot100を構成するデータのひとつにルックアップがある。これは、PCでCDを読み込んだ際、データベースにアクセスする回数のこと。レンタルもしくは友人などとの貸し借りが頻繁に行われているものほど、ポイントが高くなるのである。

 今週のHot100でルックアップの順位を見てみると、トップ3は、米津玄師、星野源、欅坂46という順位になっており、比較的Hot100の順位と整合性がある。しかし、ルックアップの4位がなんと嵐の「Find The Answer」なのだ(【表1】)。この曲は2月21日リリースなので、3/5付で首位を獲得している。しかし、初動はよかったものの徐々に下降し、今週は77位。セールスやラジオのオンエアなど他のポイントも軒並み圏外となっているのに、ルックアップだけはずっと上位をキープしているのだ。

 ここからわかることは、前述の通りレンタルが非常によく回転しているということ。では、なぜ嵐だけがここまで顕著なのかというと、おそらくジャニーズのファン層が他のアーティストに比べて若いためだろう。ジャニーズのメインターゲットである小中学生は、CDを気軽に買えるほどお小遣いはないはず。そうなると自然とレンタルを利用することになる。もしくは、持っている友人から借りるという選択も多いはずだ。このため他のポイントよりルックアップだけが突出して上位に残るのではないだろうか。

 この現象は他のジャニーズ系でも見られる。嵐と同時期の2月14日にリリースされたHey!Say!JUMPの「マエヲムケ」も、2/26付のHot100で首位を獲得したが、現在はすでに圏外。しかし、ルックアップではいまだに16位に残っており、嵐の動きと比べてみても納得だろう。

 なお、back numberやAimerなどもチャートアクションとルックアップのポイントに少しギャップがある。このあたりも分析してみると新しい発見があるかもしれない。Text:栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

【Chart insight of insight】 サカナクションの計算された戦略?! ベスト盤と過去曲がチャートイン
「Lemon」こそ完璧な売れ方?! 米津玄師の勢いが止まらない【Chart insight of insight】
ガールズグループはどれも売れ方が違う?! AKB48とPerfumeを比較【Chart insight of insight】

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。