体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

婚活せずに結婚した友人達の共通点 by U-ユウ-

婚活せずに結婚した友人達の共通点 by U-ユウ-

こんにちは! 様々な婚活サービスを活用して結婚し、婚活コミックエッセイを描いているU-ユウ-です。

何かをするときには先輩や成功者の話を聞くのが効果的!

ということで、私が婚活中に婚活せずに結婚した友人達に交際や結婚について話を聞いてみたところ、共通点がありました。

共通点は「良い意味でしたたかな行動」

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180413210300j:plain f:id:zexyenmusubi_honnest:20180413210319j:plain

婚活せずに結婚した友人達の話を聞いてみると、相手の好きなことを聞き出して相手にその話をしてもらっていたり、告白やプロポーズを自分からするのではなく相手からさせるように促したりなどしていました。

共通しているのは、積極的すぎるわけではなく、かといって受け身すぎるわけでもない

適度なバランスで相手とコミュニケーションをとった上での「良い意味でしたたかな行動」でした。

いつもの自分ではしない行動が「したたかな行動」になることがある

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180413210908j:plain f:id:zexyenmusubi_honnest:20180414031558j:plain

「したたかな行動」というと、駆け引きや計算して思ってもないことをしたりなどのイメージがありますよね。

私もそういったイメージを持っていたのですが、そんな中ひとつの転機が訪れました。

以前の記事、「占いで彼氏ができる!?占いのアドバイスで夫にプロポーズしてもらった私の占い活用法」で少しだけ触れましたが、占いでアドバイスをもらいそれを行動に移したことで夫にプロポーズしてもらったという話なのですが。

それは夫と交際前、ずっと私が積極的にガンガン押していたのを少し引いてみるという行動でした。

その行動によって、夫が私との関係を改めて考えてくれた結果、プロポーズに繋がりました。

難しく考えていましたが「いつも自分がしない行動」をすることでギャップが生まれたり、違う一面が見えたりして結果的に「したたかな行動」になったようでした。

今までのやり方で壁を感じたりうまくいかないなと思ったら、いつもと違う行動を試してみることで「したたかな行動」になりお相手に振り向いてもらえるかもしれませんので

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。