体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

他人とカブらない希少絶版クーペが総額200万円以下で狙える

他人とカブらない希少絶版クーペが総額200万円以下で狙える ▲写真は、1999年のジュネーブショーにルノーが「21世紀のスペシャリティカー」としてお披露目したコンセプトカー。そのままアヴァンタイムとして、2001年(日本では2002年)に販売されたが2003年に生産終了。全生産台数は8545台、うち日本に正規輸入されたのは206台という希少車に

▲写真は、1999年のジュネーブショーにルノーが「21世紀のスペシャリティカー」としてお披露目したコンセプトカー。そのままアヴァンタイムとして、2001年(日本では2002年)に販売されたが2003年に生産終了。全生産台数は8545台、うち日本に正規輸入されたのは206台という希少車に

オシャレさんにすら見える!? しかもお手頃価格!

ボクはボーダー柄のTシャツを着ると、かなりの確率で周囲の人とカブる。その場で脱いでしまいたくなるほど気恥ずかしくなるのだが、愛車がカブるのって、オーナーはどう思うのだろう?

もちろんファッションも車も、気にしなければいいだけの話だけれど、個人的にはショッピングセンターやサービスエリアの駐車場で、同じ車種(しかも同じ色!)を何台も見かけると「自分の車を探すのが大変じゃないかな」と余計な心配をしてしまう。

とはいえ希少ということは販売台数が少ない、つまりあまり売れていないこととほぼイコールだ。そんな車で、かつオシャレさんに見える個性を備えた車なんてあるのか? と思ったが、意外とあった。

いずれも「どうせベースが人気車で売れているから、販売面は気にせず遊んじゃえ!」と開発陣が思ったんじゃないかと思えるような、斬新なデザインだ。

例えばルノー アヴァンタイムは人気のミニバンのエスパスを「高級クーペに変えちゃおう!」と、ドアを2枚にして内外装も別物に仕立ててしまった。

ミニペースマンは、BMWがミニをひと回り大きくし、ミニ史上初の4枚ドアを与え、車高を高めたSUVのミニ クロスオーバーがベースだ。それを「クーペにするとカッコよくね!」と先述の努力を無に帰すかのようにドアを2枚はぎ取り、車高を下げた。

アルファブレラは巨匠ジウジアーロが出した、マセラティクーペをベースとしたと思われるコンセプトカーを、アルファロメオが「うちの主力セダンの159を使ってやらない?」と誘って量産化。

もうね、そんな成り立ちからして個性的。トヨタ クラウンなんか次が15代目でしょ? 「そういう名を受け継ぐってことは大変なんだろうなー」的な肩の力の抜け加減が素敵。だからか、いずれも1代限りの絶版車。もしかしたら作る側は百も承知だったからかもしれないけれど。

しかもうれしいのは、いずれも売れなかったゆえ、あまり知られていないってこと。希少だからって人気が集中することなく、中古車が安いのだ。原稿執筆時点での中古車平均価格は、ルノー アヴァンタイムが115.2万円、ミニ ペースマンは180.6万円、アルファロメオ アルファブレラは148.7万円。

3台とも総額200万円で十分手に入る。他人とカブらない洋服で自分の個性をアピールできたとしたら、とてもオシャレな人だと思う。それは車も同じなんじゃないかな。

【ルノー アヴァンタイム(初代)】エンジンはルノーとプジョーが共同開発した3LのV6。これにアイシン製の5速ATが組み合わされている。液晶のデジタルメーターがセンターに、エアコンのスイッチはAピラー根本付近にあるなど、外観だけでなく内装も個性的だ。原稿執筆時点で全国に6台。支払総額での最安値は7.1万kmで137.6万円

【ルノー アヴァンタイム(初代)】エンジンはルノーとプジョーが共同開発した3LのV6。これにアイシン製の5速ATが組み合わされている。液晶のデジタルメーターがセンターに、エアコンのスイッチはAピラー根本付近にあるなど、外観だけでなく内装も個性的だ。原稿執筆時点で全国に6台。支払総額での最安値は7.1万kmで137.6万円

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy