体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2画面スマホ「ZTE M Z-01K」でGoogleアシスタントが更に便利に

Google アシスタントは何でも手軽に質問できて答えもそこそこまともなので、もう生活に欠かせないツールだという方も出てきていると思います。
そんな便利な Google アシスタントを ZTE の 2 画面スマートフォン「ZTE M Z-01K」で実行するとさらに便利になったのでご紹介します。
ZTE M Z-01K の 2 画面モードはそれぞれのディスプレイに異なるアプリを表示でき、このモード中には、Google アシスタントをどちらかのディスプレイ上でずっと使用可能な状態にできます。
例えば、動画や WEB ページを見ていて分からない言葉や英単語があれば、別のディスプレイで Google アシスタントを呼び出すと、動画アプリを表示している状態のままその言葉の意味や訳を調べることができます。
また、海外ショッピングサイトでの価格を円に換算することも ZTE M Z-01K なら商品ページを離れることなく実行できます。
Google アシスタントは画面を上書きする形で表示されるので、普通の Android スマートフォンであっても不便だとは思いませんが、ZTE M Z-01K なら Google アシスタントを常に表示できるため、一つのディスプレイを Google アシスタント専用として使用することもできます。
Google アシスタントをちょくちょく利用する場合には少し操作の手間が省けるので、このような使い方を試す価値はあろうかと思います。

■関連記事
Googleフォトのトップ画面が「フォト」タブに変更
2画面スマホ「ZTE M Z-01K」の普通のスマホではできない便利な使い方を紹介
Android PではBluetoothのアイコンが表示されない

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy