体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本発のARアートを堪能できるアプリ「Wonder Door」

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスと株式会社ワンダーリーグが、iPhoneのAR機能「ARKit」対応 Paint & Viewerアプリ 「Wonder Door」 をリリース。横浜美術大学と産学連携を行うなど、今後の展開に注目集まるアプリだ。

・ARペイント機能に空間にらくがき!

「Wonder Door」を使用することで、ペンや色を選び、空間に絵を描くことが可能になる。iPhoneを前後に動かし奥行きを表現できる点が最大の特徴。描いた絵はGPS情報と連動してサーバーに保存される仕組みだ。将来的には、複数端末を利用した共同作品の制作も可能になるという。

・大学と連携しARアートカリキュラムも

ARペイント機能の特徴は手軽に空間に絵を描ける点。従来とは異なったアートとして学生や子ども達の教育活動に貢献できると期待が寄せられている。2018年度は、横浜美術大学と提携したARアートカリキュラムも予定しているとのこと。アートとしての分野だけでなく、教育の分野でも幅広い用途に用いることができそうだ。

両社は今後、ARアート作品プロデュース事業やオリジナルARゴーグルの製作と販売などにも力を入れていく予定だという。

WonderDoor

 

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。