体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Gastronomy on the runway Taste buds are turning: the liaison between food and fashion

Untitled-design-12

ランウェイ舞台での「食」の出現は決して新しい現象ではない。2018春、ミラノファッションウィークにてドルチェ&ガッバーナが披露した通り、食はファッションの属性を最大限に引き出してくれる。モデルがピクニックテーブル柄のドレス、焼き菓子のアクセサリーやパセリを身につけランウェイを歩くのを見ながら、ファッション業界の人々は味覚までも 魅了されていた。これはおそらく、アンディー・ウォーホルがアメリカでよく知られた食のブランドをポップアートで表現した事に端を発して いるのではないだろうか? 彼は60〜70年代、アートを通してならどんなものも表現できることを証明した。当時、缶入りスープで有名なキャンベル社は、1人のポップアーティストが彼らの売り上げに大きな影響を及ぼすとは思いもしなかっただろう。

The appearance of food on the runway is nothing new. We saw in Dolce & Gabbana’s Milan Fashion Week runway in Spring 2018 that food brings out fashion’s best attributes. As models strutted down the runway in dresses with picnic table prints, pastry headpieces and jewelry, and even parsley sticking out of their pockets, the people of the fashion industry were, literally, drooling. Perhaps this takes its roots from Andy Warhol’s incorporation of classic American products into art. He proved in the 60s and 70s that art can express anything. Little did the Campbell Soup Company know that a pop artist could have such a large impact on their sales.

cocacola

同じように、互いの特徴を際立たせるためにハイファッションと食べ物チェーン店の間でコラボレーションが多く見られる。最近のトレンドといえば、ストリートファッションとジャンクフードのコラボではないだろうか。例えば、2017年8月にはコカコーラとKITH がコラボをして、Tシャツ、パーカー、コンバースを販売した。そう、三つのブランドが協力してできたのがKITH(キス) x COCA-COLA(コカコーラ) x CONVERSE(コンバース)の Chuck Taylor 70s。白一色のコンバースに印されたKITHとコカコーラの真っ赤なロゴは美しく映えた。

In the same way, today we see high fashion collaborating with food chains to complement each other’s traits. More recently, the trend has been streetwear collaborating with junk food. For example, Coca Cola has teamed up with KITH to release anything from T-shirts to hoodies to Chuck Taylors. Yes, that’s right – the three brands collaborated to create the KITH x Coca Cola x Converse Chuck Taylor 1970s in August of 2017. Coca Cola and KITH share the same red colored logo, on an all-white Converse shoe.

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。