体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。4/16-4/22の運勢をチェック!

kyozan-neol5-620x410

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。
fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8
photo Kyozan Ueda
あなたの星の出し方

まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。
例1976年生まれの場合
1+9+7+6=23
2+3=5
11-5=6
1976年生まれの人のナンバーは6になります。
ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

4/16-4/22の運勢

1・水の星の人
4月の全体運
勢いを感じられる月です。モチベーションが上がって、気力も充実しそう。日頃から、あたためてきた計画を実行に移すのも良さそうです。
幸運を招く方角 北東
ご利益フード  バンバンジー

今週の運勢(4/16~4/22)
ひとつひとつを丁寧に、一日一日を大切にしたいタイミングです。千里の道も百歩から、というように、たとえ、歩みが遅かったり、回り道をしたとしても、前に進むことが大切です。日々のこと、目の前のことを一生懸命こなしていけば、ある日、同じ景色が違った景色に見えるはずです。
17日はまとめ役に徹するのが良さそう。身近にいる人から頼りにされることもありそうです。親身になってあげましょう。18日はラッキーデー。交際運が好調の様子。また、交渉事なども上手く運びそうです。メールや電話などの連絡はこまめにするようにしたいです。20日は小さなことでも、丁寧にこなすことで、周りにいる人たちからのあなたに対する信頼感も増しそうです。

2・大地の星の人
4月の全体運
幸運月です。アクティブに動くことで、ハッピーを引き寄せることができそうです。人と人との「つながり」や「交流」といったことが極めて重要な意味を持つことになりそうです。
幸運を招く方角 南西 北東
ご利益フード  スーラータン

今週の運勢(4/16~4/22)
信頼関係を築くということが、幸運を招く鍵となるタイミングです。ここのところ忙しくしていて、すっかり疎遠になってしまっている友人や、先延ばしになっている用事や約束などはありませんか?もしも心当たりがあるのならば、連絡をしてみたり、アポイントメントを取ることをオススメします。また、身近な人とのコミュニケーションを密にすることも大切です。
18日は落ち着いた態度が吉と出そうな予感。慌てず、急がず、ゆっくりいきましょう。19日はラッキーデー。気になることは相手に確認するのが良さそう。コミュニケーションに重きを置くことで、お互いの理解が深まりそうです。21日はあなたらしさを大切にしたい日。ありのまま、自然体を心がけましょう。

3・雷の星の人
4月の全体運
今まで取り組んできたことの成果や結果があらわれる月です。自分自身、何かしらの結論のようなものを出したくなることもありそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  油淋鶏

今週の運勢(4/16~4/22)
客観的に物事を見る、ということが必要なタイミングです。自分が長い間、当たり前だと思っていたことは、もしかしたら、そうではないかもしれません。自分なりの解釈など、主観的な考えは、ちょっと脇に置いておいた方が良さそう。それよりも、世間一般ではどうか、といったような見方をすることが大切になりそうです。
16日は変化が起こりやすくなっています。起きた物事をどのようにとらえるかで、その後の流れが変わってきそうです。落ち着いた対応を心がけましょう。22日はコツコツと地道な努力が実を結ぶことになりそう。小さなことにも目を向けるようにすることで、周りにいる人たちからの、あなたに対する信頼感も増しそうです。

4・風の星の人
4月の全体運
あちらこちらから声が掛かって、引っ張りだこになりそうです。仕事はもちろん、プライベートも席を温める時間もないくらい、忙しい月になりそうです。
幸運を招く方角 南西
ご利益フード  鶏肉とカシューナッツ炒め

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。