体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“神”ゲー『ゴッド・オブ・ウォー』最新作の特別映像がマジで “神”だった・・・!!

GOW_madTrailer6
今シーズンより海を渡り、米大リーグ「エンゼルス」にて、野球の“神”ベーブ・ルースばりの投打「二刀流」に挑戦中の大谷翔平。開幕10試合を終えた時点で、「打」で3試合連続本塁打、「投」で2勝を挙げるなど、わずか10試合で、早くも米球界の話題の中心になっている。

大リーグの公式サイトによると、同一シーズンで3試合連続本塁打を放ち、1試合2桁奪三振を達成したのは1916年のベーブ・ルースと73年ケン・ブレット以来3人目。また、4日にメジャー初本塁打を放ったが、勝利投手になって2日以内に打者として初回本塁打を打ったのも21年のベーブ・ルース以来。開幕戦に先発出場した野手が開幕10試合以内に先発登板するのも19年のベーブ・ルース以来だという。
そう、大谷は常に野球の“神”ベーブ・ルースに挑み続けているのだ。大谷自身もベーブ・ルースのことはかなり意識しているようで、「(ベーブ・ルースは)神様のような存在で、少しずつでも近づきたい」と語ったこともある…。

“神”に挑んでいるのは大谷翔平だけではなかった…

GOW_madTrailer_main
“神”に挑むというのは我々庶民からしたら、なんのこっちゃ分からない部分が多いが…、4月20日に発売予定のPlayStationR4(PS4R)専用ソフトウェア『ゴッド・オブ・ウォー』であればそれが可能になるという。『ゴッド・オブ・ウォー』はギリシャ神話の神々を相手に、最強のスパルタの戦士・クレイトスが戦いを挑む大人気アクションシリーズ。その全世界待望の超人気ゲームシリーズ最新作の特別映像、【『ゴッド・オブ・ウォー』日本版公式 MAD トレーラー 「レクイエム」神 Remix】が公開され、早くも話題になっている。

今作は主人公クレイトスの妻であり、息子アトレウスの母の死から始まるストーリーということもあり、死者を弔うための「レクイエム(鎮魂歌)」の中から、「怒り」をテーマにしたヴェルディの『レクイエム「怒りの日」』が選曲されている。

GOW_madTrailer1GOW_madTrailer3GOW_madTrailer5
長年怒りだけに支配されてきたクレイトスの姿、本当の自分は何者か悩む息子アトレウスの “映像“と、大迫力の“サウンド”が組み合わさることで、新たに父として息子と旅に出るクレイトスの心の葛藤も、画面越しに伝わってくる内容になっている。
それもそのはず、実はこのサウンドに絡んでいる、大村孝佳(ギター)、青山英樹(ドラム)、BOH(ベース)の3人は日本が世界に誇る凄腕ミュージシャン達なのである。まさに、“神”ゲーと“神”業メタルの、約束された“神”コラボの映像は必見だ。

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。