体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木目がおしゃれ! Ruark Audioから同社初のコネクテッドスピーカー「MRx」登場

英国拠点のオーディオメーカーRuark Audioといえば、木材をふんだんに使ったハイエンドスピーカーを多数展開している。

そして間もなく、同社初のコネクテッドスピーカー「MRx」を発売する。スピーカーとしての機能はもちろんのこと、既存のラインナップ同様に木目が美しいデザインで、おしゃれ空間を演出するのにも役立ちそうだ。

・ネットラジオも聴ける

MRxはネオジウムマグネットシステム搭載の75ミリのフルレンジドライバー2つ、アンプ2つを装備し、クリアでパワフルな音を体験できる。

機能面では、Bluetoothに対応するのはもちろん、インターネットにも接続するので楽しみ方の幅が広いのが特徴。スマホやPCに入っている音楽を流すのはもちろん、SpotifyコネクトやDeezerといったストリーミング音楽、インターネットラジオなども聴ける。

また、既存のRuarkのスピーカーとつなげることが可能で、キッチンやリビング、寝室などとそれぞれの部屋で同じ音楽を楽しめるシステムを構築できるのも売りだ。

・暖かみのあるデザイン

音質を優先するあまり無機質なデザインとなっているスピーカーが多い中で、MRxは木材を使っていて存在に暖かみがある。どの部屋に置いても調和しそうだ。

また、前面中央にボリューム調整ダイアルが付いているデザインも何気に可愛い。

MRxの予定小売価格は399.99英ポンド(約6万円)。早ければ5月にも発売される見込みだ。

Ruark Audio

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。