体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きなもの」を追い求めて、気が付いたらここにいた――ゲームプロデューサー広野啓の仕事論

「好きなもの」を追い求めて、気が付いたらここにいた――ゲームプロデューサー広野啓の仕事論

株式会社スクウェア・エニックスといえば、日本を代表するゲーム会社。企業理念に「お客様自身に素晴らしい物語、すなわち思い出を作っていただくこと」とありますが、子供時代にゲームに熱中した頃を懐かしく思い出す方も多いでしょう。特に『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』などは、普段ゲームをしない人でもそのキャラクターや音楽を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんな国民的ゲームともいえる大ヒットを生み出したスクウェア・エニックスにおいて、現在『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』(以下、『FFBE』)のゲームプロデューサーとして活躍している広野啓さんに「プロデューサー」として仕事をするうえでの「好きなことを仕事にすること」と「マネジメントの心構え」についてお話をお伺いしました。


プロフィール

広野 啓(ひろの けい)

2013年に株式会社スクウェア・エニックスに入社。入社後、ゲームの映像化タイトル『実在性ミリオンアーサー』やサガ シリーズ初のPCブラウザゲーム『インペリアル サガ』のプロデュースを手掛ける。2015年に『FFBE』をスタート。2016年には全世界向けに『FFBE』のグローバル版の配信を開始。現在までに全世界3000万ダウンロードを記録。作品のプロデュース業務と共に、第8BDのディビジョン・エグゼクティブを務める。

「好きなこと」を仕事にすることの現実と葛藤は?

――ゲームプロデューサーとは、具体的にはどのような仕事をしているのですか?やはり子供のころからゲームが好きでしたか?

広野:主な業務は、ゲームプロデュース、といってもわかりづらいかもしれませんがゲーム制作における企画・開発・スケジュールと予算管理そしてプロモーション(つまりすべて)です。そのための制作メンバーの編成を始めとしたマネジメント全般ですね。1つのゲームを作るのに社内のメンバーと、さらに外部の開発会社の方や、場合によっては海外の開発チームも加わります。ゲームのタイトルごとにチームがあり、同時に複数のチームを見ています。また、手がけたゲームのプロモーションや告知などもダイレクトにお客様に届けることも求められているので社外へ出ることも多いです。

ゲームはもちろん子供のころから好きで、就職活動を始める際には真っ先に思い浮かべたのがこの業界でした。でもゲームだけでなく、アニメや漫画も好きで、今でも漫画週刊誌は毎日欠かさずに読んでいます。エンターテインメント全般が好きな気持ちはずっと持ち続けています。「こだわっている」というよりは、好きなものを追い求めて、気が付いたらここにいた、という感じですね。

――「好きなことを仕事にしている」からこそ、ご自身が共感できないものを担当することになった際には葛藤があるのではないでしょうか。

広野:人間ですから当然、好みとそうでないものはあります。でも「絶対にNG」というものは、自分の中ではないんです。なんでもまず受け止めてみることにしています。むしろ「何かしらを得てやろう」という気持ちをもって挑みます。それでもやはり「合わなかった」という結論に至ることもありますが、それがわかったこと自体が「自分の経験にできた」という貴重な価値だと思っています。

――ゲームプロデューサーにとって一番大切なことは、何ですか?

広野:担当した作品への「熱量」ですね。ゲーム制作においてはプロデューサーが、作品に対して一番「熱」を持っていないといけないと思っているんです。ゲームは完成までに、制作の過程で多くの方の手を媒介します。熱量が少ないとどうしても、ユーザーにまで伝わっていかないと思うんです。それから、私は「自分のことを自分が一番好き」です。こんなことを言うと誤解を生んでしまうかもしれないんですが・・・。ただありのままが好きというのではなく、好きな自分でいるための努力は惜しまず、妥協しません。その点はぶれないので、客観的で冷徹だといわれることもありますが、作品への熱量を最大限に保つこと、そして自分自身が自分を信じること、好きであることがとても大切だと思っています。

「プロダクト」を介してメンバーと話をする、すると自ずとゴールが見えてくる

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。