体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カーナビのテレビキャンセラーを数百円で自作

カーナビのテレビキャンセラーを数百円で自作

車の走行中は、カーナビ操作やテレビ視聴が制限されています。とはいえ、助手席からカーナビが操作できずに不便を感じる人が多いのも事実。このため、カーショップではキャンセラーキットが数千円で売られています。そこで、数百円でカーナビ操作やテレビ視聴の制限を解除する方法を見ていきましょう。

テレビキャンセラーキットは数千円

メーカー純正のカーナビは、走行中は周辺検索などの操作ができないようになっています。また、テレビも映りません。これは道路交通法では、車両が停止している時を除き、原則として運転手がディスプレイを注視するのを禁止しているためです。

メーカーの自主規制により「周辺施設を探す」ボタンも走行中は非表示。また、テレビ視聴に関しては純正・社外品問わず初期設定では、シフトポジションがP、もしくはサイドブレーキが引かれてないとカーテレビは見られません。

助手席の人間が操作したり、注視することは禁じられていませんが、メーカーは十把一絡げで自主規制しているというわけ。そのため、カーショップなどでは、カーナビのテレビキャンセラーキットが数千円で普通に売られています。

しかし、機種によってはナビ背面にある配線ケーブルたった1本(パーキングセンサー用)を分岐し、カーナビにアースすればいいだけ。ワンタッチ配線コネクタと20cmほどのケーブルで、実際には数百円もかかりません。

テレビ制限をキャンセラーなし解除

そこで、カーナビやテレビの制限をキャンセラーなしで解除する手順を見ていきましょう。まずはカーナビが装着されている化粧パネル上部を指で押さえつけて引っ張ります。内装剥がしがあれば、すき間に挿し込んで手前に引くとよいでしょう。

ネジ止めはされていないので、引っ張ると化粧パネルが外れます。機種によってはネジ止めされていることもあるので注意してください。両サイドにあるネジをドライバーで外して、カーナビをコンソールから引っ張り出してください。接続されたケーブルからパーキングセンサー用を探します。

目的の配線ケーブルが見つかったら、ワンタッチ配線コネクタで分岐。分岐したケーブルは、カーナビ側面のネジに共締めしてアースします。

メーカー別のカプラタイプ別パーキングセンサー用ケーブルの色分けは、日産の20Pは「青/黄」、4Pは「若草」。ホンダの3Pは「赤」、トヨタの5Pは「水色」、21Pは「黒/白」となっています。スバルの14Pは「若草」、マツダの24Pは「紫」、スズキの5Pは「黄緑」です。

なお、解除できない機種もあるので、事前に情報収集した上で自己責任で行ってください。また、カーナビのテレビキャンセラーを使用しても、運転者が走行中にカーナビやテレビの画面を注意するのは違反行為です。運転者がカーナビを操作したりテレビを視聴する時は、駐車場などに停車して行ってください。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。