体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ディオール アート オブ カラー展」、12色でディオール ビューティの歴史を紐解く

1804149

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポンが、「ディオール アート オブ カラー展」を表参道のSO-CAL LINK GALLERYで開催する。会期は4月12日から21日まで。入場は無料。

本展は、2016年に刊行されたアートブック『ディオール アート オブ カラー』のエキシビジョン。『ディオール アート オブ カラー』は、12色のカラーを切り口に、アーティストやクリエイター達の作品の写真を掲載。現役のメイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスをはじめ、歴代のアーティスティックディレクター セルジュ・ルタンスやティエンらの作品や言葉を通してディオール ビューティの歴史を紐解いている。

刊行以来、アメリカ・ニューヨーク、フランス・アルル、アラブ首長国連邦・ドバイ、韓国・ソウル、中国・上海で開催されてきた本展では、ディオールの歴史を築いてきたアーティストたちの作品などを12色のカラーに分類して紹介する。

ディオール アート オブ カラー展
期間:2018年4月12日〜21日
時間:11:00〜19:00 (最終入場 終了30分前)土曜のみ21:00まで
会場:SO-CAL LINK GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前4-9-8
入場無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。