体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with ADER ERROR and Gildas Loaëc (MAISON KITSUNÉ)

Ader Error x Maison Kitsuné_DuljakBergstrand_12 Ader Error x Maison Kitsuné_DuljakBergstrand_05

MAISON KITSUNÉが韓国のクリエイティヴ集団ADER ERRORとの、コラボレーションカプセルコレクションをローンチ。東京、パリ、そしてソウルのシーンを過熱し続けている。一歩先の時流を読み、凝り固まった思考を打ち砕くセンセーショナルなニュースを仕掛けるMAISON KITSUNÉ。今回のお相手は、次世代のファッションシーンを牽引する集団として世界中からの注目を集めているが、匿名性が強く、ミステリアスな存在。だからこそ、突如として私たちの耳に届いた、このコラボの全貌が気になって仕方がない。去る4月6日にMAISON KITSUNÉ代官山にて開催されたローンチパーティーの為、来日を果たしたADER ERRORのメンバーと、MAISON KITSUNÉのクリエイティブディレクターGildas Loaëcに話を聞いた。

-まず、ADER ERRORのブランドの成り立ちについて教えてください。

ADER ERROR 「20人のクリエイションを担うクルーと、10人の店舗スタッフがいます。私たちはファッションだけに特化したかったわけではなく、面白いものやクレイジーなものを一緒に表現しようと思って始動したブランドです。メンバーの全員が違う学校に通い、全員が違ったバックグラウンドを持っていて、クルーのうち、何人かはもともと友人だったんですけど、あとはそれぞれの業界で活動していた者にコンタクトをとって参加を募りました。韓国の業界はそこまで広くないので、面白いことをやっている人に連絡を取りたいと思ったら、知り合いを介してすぐに繋がることができます」

-ブランドコンセプトに掲げている“But Near Missed Things”(近くにあるけど見逃してしまうもの)について、具体的にどういったもののことを指しますか?

ADER ERROR「特別なものではなく、日常の身近なものにフォーカスしているということです。机や椅子、みんなにとって馴染みあるものでも、見方を変えて、私たちがひねりを加えることによって、なにか違和感というか引っかかりを感じて欲しいと思っています。なぜ物事をそう見ることができるのかについては自分たちでも分からないのですが、私たちならではの感覚として楽しみながら、デザインに落とし込んでいます。それが、ブランドを始めたきっかけでもあるし、全てのプロジェクトやコンテンツの出発点になります。そして、今回のMAISON KITSUNÉとのカプセルコレクションについてもです。彼らと同じマインドを感じ合えますし、それをさらに私たちよりも極めているんだと思います」

Ader Error x Maison Kitsuné_DuljakBergstrand_04 Ader Error x Maison Kitsuné_DuljakBergstrand_08

-GildasさんはADER ERRORをどのようなブランドだと思いましたか?

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。