体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンドラ・ブロック、映画『オーシャンズ8』の公式トレーラーで強盗団の首謀者に

映画『オーシャンズ8』の新しいトレーラーが、4月12日に発表された。米ワーナー・ブラザースが送る、女性主人公らによる強盗コメディ映画だ。

その前日、出演者のミンディ・カリングとサラ・ポールソンは、自身のツイッターで新映像を公開した。カリングは自身が演じる宝石職人のアニータという役を紹介し、「ダイヤモンドがなきゃ、強盗映画とは言えない」と綴った。



新しいトレーラーは、8人の女性がメット・ガラで強盗を計画する姿を映し出す。

サンドラ・ブロックが、デビー・オーシャン役を演じる。この入念な計画にかかった時間をカリングが尋ねると、デビーは自身の刑期である「5年8か月と12日」と答える。

昨年12月に発表された最初のトレーラーでは、これまで3本の『オーシャンズ』作品でジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの疎遠になった妹、デビー・オーシャン役を演じるブロックの姿を披露した。本作は、毎年ニューヨークで開催されるメット・ガラで、世紀の大強盗を実行するデビーの試みを追う。キャスト陣はスターばかりで、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、アン・ハサウェイ、リアーナ、ポールソン、カリング、そしてアウクワフィナらが名を連ねる。

『オーシャンズ8』の楽しみのひとつに、一流のカメオ出演がある。ダコタ・ファニング、マット・デイモン、アナ・ウィンター、キム・カーダシアン・ウェスト、ケンドール・ジェンナーおよびカイリー・ジェンナー、オリヴィア・マン、ケイティ・ホームズ、ゼイン・マリク、ザック・ポーゼン、アドリアナ・リマ、そしてセリーナ・ウィリアムズらが登場する。

監督はゲイリー・ロス。ロスとオリヴィア・ミルチが脚本を担当し、クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグがプロデュースする。

『オーシャンズ』3部作の続編であり、スピンオフでもある本作は、6月8日に米劇場公開となる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy