体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの頃のふわふわ感がよみがえる、カユカユ敏感肌民のための最終選択肢『プレミアム オールインワン 洗濯用柔軟剤入り洗剤 クレールパリ』に待望の新たな香り追加!

嫌な匂い残りを退治する、白さよみがえる、夢のような香りなどのキャッチフレーズに惹かれて洗濯用洗剤や柔軟剤(ソフター)を選ぶと、皮膚のムズムズで後悔するという敏感肌民にとって、大変心強い味方が『プレミアム オールインワン 洗濯用柔軟剤入り洗剤 クレールパリ』。それに新たな香りのバリエーションが追加された。

しっかり洗えて抗菌・防臭・消臭するのに低刺激。見捨てるしかないと思っていたタオルのふんわり感もよみがえるからすごい!

世の中には様々な洗濯用洗剤の種類があり、柔軟剤もこれ見よがしに薬局の棚で新しい香りをアピールしている。それは選ぶだけでも楽しいことだろうなと思う。残念ながら記者はそれを横目で見るだけだ。

 

 

というのも、効果や香りの強い洗濯用洗剤、柔軟剤を使用すると皮膚がムズムズするから。敏感肌というのは、こうしたドラッグストアの楽しみを奪ってしまう。だが、一昨年に救世主が現れた。

 

 

柔軟剤入り洗剤という珍しいジャンルのこの「クレールパリ」。世の中には他に「ラボン」(ネイチャーラボ)という製品を見かける程度。「クレールパリ」はメーカーも東亜産業という聞きなれない名前で、正直あまり期待していなかった(実はOEMメーカーとして優秀なところだったと後で判明)。価格が1,000円近く、高価だなという印象くらい。ただ冷静に考えると、洗濯用洗剤と柔軟剤を足した金額ということになるので、実はかえってランニングコストは安くなることに、後で気づく。

まあ、人生が変わるは言い過ぎだと思うが

 

香りもクセのないシンプルなもので、液体の粘度が高く、洗濯機の液体洗剤投入口に入れるときに急いで入れると溢れがち、という欠点があるくらい。ところが使ってみると、これが衣服が柔らかくなり、痒くならない。これはいいと、それからリピートし続けている状態だ。

ただどうしても悲しくなるのが、バリエーションの無さ。「クレールパリ」はエレガントソープの香り、これ一択。香りを変えたくてもできないというのは、新しもの好きとしてはなかなかな苦行であった。そんな時に朗報。東亜産業『プレミアム オールインワン 洗濯用柔軟剤入り洗剤 クレールパリSS』(1,000ml・予想価格 税抜約980円・発売中)の登場だ。

中性なので、おしゃれ着用洗剤の範疇に入る製品

 

そう、これは「クレールパリ」の特徴そのまま、香りだけがスウィートソープの香りに変更され、ボトルが白から黒へ変わっただけのもの。

「お客様から他の香りはないのかとホームページにお問い合わせを頂くことが多く、新しい香りのボトルを出すことにしました」(東亜産業 森さん・談)

というから、物足りなく感じていたのは記者だけではなかったらしい。

色はうっすらピンク色

 

香りだけの変更というと、物足りなく感じるかもしれないが、これは重要。今までも下手にパワーアップして、使えなくなった製品が数多いから。少なくとも新しい成分の追加はリスク。なので悪しきバージョンアップだけは避けてもらいたいと常々願っていたからだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。