体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラシックソムリエ厳選! 新年度の慌ただしい朝に聴きたい名曲

クラシックソムリエ厳選! 新年度の慌ただしい朝に聴きたい名曲
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー『MORNING CLASSIC』。今週は、新年度の朝を整えるクラシックの名曲を、日本クラシックソムリエ協会代表理事・田中 泰さんがセレクト。4月11日(水)のオンエアでは、モーツァルトのモテット『アヴェ・ヴェルム・コルプス』を紹介しました。

■モーツァルト最晩年の傑作

同曲は、モーツァルト最期の年に当たる1791年に書かれました。

田中:短くも美しい教会音楽です。合唱指揮者のアントン・シュトルからの依頼によって作曲されました。彼は、ウィーン郊外にある温泉療養地「バーデン・バイ・ウィーン」で療養中の妻・コンスタンツェの面倒をみてくれていた人物です。

わずか45小節で構成される非常に短い作品ですが、モーツァルトの魅力がぎっしりと詰まった最晩年の傑作です。

田中:まさに、妻を想うモーツァルトの気持ちが伝わるようなメロディに、疲れた心が浄化されるようです。

放送では、ニコラウス・アーノンクールの指揮、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスとアーノルト・シェーンベルク合唱団の演奏でお届けしました。

今週9日(月)はマーラーの『交響曲第5番』から第4楽章『アダージェット』、10日(火)はドビュッシーの『月の光』を、それぞれお届けしました。

次週16日(月)〜19日(木)の『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』では、期間限定プログラム『東京パンナビゲーター』(7時18分〜7時23分)をオンエア! 2020年に向けて変わりゆく東京を、パン屋さんで切り取ります。おすすめベーカリーも募集しており、メッセージをいただいた方に、パンにぴったりのプレゼントもあります。詳しくは番組のサイトを、ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。