体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お金を払ってでも買いたい「ゴミ」

お金を払ってでも買いたい「ゴミ」

マーブル模様を描いたフラワーベース「Vases and Vessels」。どことなく和紙の“紙すき”の色合いを彷彿させますが、これらすべてプラスチックゴミを再利用して作られたもの。

ひとつひとつがオリジナル

地球にやさしいインテリア

お金を払ってでも買いたい「ゴミ」お金を払ってでも買いたい「ゴミ」お金を払ってでも買いたい「ゴミ」お金を払ってでも買いたい「ゴミ」お金を払ってでも買いたい「ゴミ」お金を払ってでも買いたい「ゴミ」お金を払ってでも買いたい「ゴミ」

色とりどりの模様、落ち着いた風合い、ひとつひとつ異なるオンリーワンの表情は、環境を配慮したリサイクルプロダクトならでは。そこを聞かされてなくたって、ショップで手に取りたくなりません?Licensed material used with permission by Polimeer, (Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

「参加費3,000円のゴミ拾い」大人気の秘密に迫る
ゴミ山から生まれたレオナルド・ディカプリオ
ごみのペットボトルが「ボート」になって観光を盛り上げる。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。