体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内初! フィン・ユールづくしの専門ギャラリー「HOUSE OF FINN JUHL」

house-of-finnjuhl_01

フィン・ユールの専門ギャラリーがオープン

東京・有明のIDC OTSUKA 有明本社ショールームと銀座本店に、「HOUSE OF FINN JUHL 専門ギャラリー」があるのをご存知ですか?

2001年よりFinn Juhl(フィン・ユール)の作品は北欧の家具ブランドOne collectionが生産と復刻を手掛けてきました。今回、フィン・ユールのコレクションが40種を超えたことで、氏の作品だけを集めた独立ブランドとしてHOUSE OF FINN JUHL(ハウス オブ フィン・ユール)を立ち上げたそう。

ハウス オブ フィン・ユールは2017年4月に開催された世界最大規模の家具見本市・ミラノサローネで発表され、昨年12月、IDC OTSUKA 有明本社ショールームに国内初となる専門ギャラリーをオープン、今年1月に銀座本店にオープンしました。

ギャラリーでは、フィン・ユールの代表作「ペリカンチェア」の特別張地仕様モデルが展示されるほか、希少アイテムの「Nyhavn(ニューハウス)」シリーズのコレクション、ブランド始動にあたり作られた新仕様の代表作などが展示されています。

家具の彫刻家と言われ、北欧デザイン黄金期でもひときわ異彩を放っていたフィン・ユール。氏のデザインの魅力をたっぷり体感できるギャラリーへぜひ足を運んでみてください。

house-of-finnjuhl_02 ギャラリーイメージ house-of-finnjuhl Finn Juhl(フィン・ユール)/デンマーク1912年~1989年

独特の発想と優れた造形感覚で独自の世界を作り上げ、世界にデンマーク家具を知らしめた一人。その形態とディテールの美しさで「家具の彫刻家」と言われた。加工が非常に難しいとされていたチーク材を愛し、その加工方法を改善し、チーク材をデンマーク家具の主要な材料に確⽴したことも彼の重要な功績。彼の作品は世界中のデンマーク大使館やミュージアムの収蔵品となっています。

HOUSE OF FINN JUHL 専門ギャラリー

所在地:IDC OTSUKA 有明本社ショールーム、IDC OTSUKA 銀座本店

詳細:http://www.idc-otsuka.jp/gallery/finn_juhl/

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

イデー × ミナ ペルホネン × Kvadrat! ファブリックの期間限定受注会開催中、限定アイテムも
20以上の北欧ブランドが集結する「北欧屋台」が代官山に出現!
第3回は「ヨーロッパの蚤の市」がテーマ!「BON DIMANCHE MARCHÉ」今週末開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。