体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしゃれな「益子焼」が買えるお店6選!可愛い陶器を探しに行こう♪【栃木】

おしゃれな「益子焼」が買えるお店6選!可愛い陶器を探しに行こう♪【栃木】

昔ながらの古風なものからモダンな作家ものまで、普段使いのうつわとして人気の益子焼。

おしゃれなうつわを探して益子をめぐりませんか?きっとお気に入りが見つかりますよ。

記事配信:じゃらんニュース

益子焼って?

益子焼(ましこやき)とは、栃木県芳賀郡益子町周辺が産地の陶器のこと。江戸時代の末にうつわが焼かれて以来、陶芸の町として栄えるようになりました。

民芸風なイメージが強い益子焼ですが、益子に窯を構える若手の陶芸家も多くなり、個性あふれる作風の作品が新たに生まれています。

おしゃれな益子焼が買えるお店

益子焼の魅力は、個性あふれるうつわがたくさんあるところ。益子の町をのんびりとめぐりながら、おしゃれなお店やギャラリーで、お気に入りを見つけてみませんか?

【もえぎ城内坂店】

若手作家のうつわを探すならここ!

もえぎ城内坂店「植木鉢」久保田健司さん作

いくつもの益子焼のお店が並ぶ城内坂通りの城内坂交差点のそばにある陶器のお店です。

こちらのお店では、益子などの若手の陶芸家の作品を中心に展示・販売されています。

お手頃な価格の品揃えもうれしいですね。

店内は、半地下・半2階・2階と、3フロアで構成されていて、常設の展示のほか、個展も随時行われています。

展示は2週間ごとに3フロアがすべて入れ替えられるから、作品との思わぬ出会いが待っているかもしれません。

そのほか、ガラスや木工など、陶器以外にもいろいろな素材を使う作家の作品を手に取ることもできるので、ぜひお気に入りを探しに行ってみてください。もえぎ城内坂店「マグカップ」阿久津雅土さん作もえぎ城内坂店「楕円皿」「花器」若林健吾さん作 もえぎ城内坂店

住所/栃木県芳賀郡益子町城内坂150

営業時間/10:00~18:00

定休日/年末年始

アクセス/車:北関東道真岡IC、北関東道桜川筑西ICから約20分

電車: 真岡鉄道益子駅から徒歩15分

駐車場/あり(無料駐車場5台)

「もえぎ城内坂店」の詳細はこちら

【G+OO(ジープラスツーノウツ)】

選び抜かれた益子焼や雑貨などが並ぶセレクトショップ

G+OO

存在感のある外観。店内はナチュラルでキュートな雰囲気になっています。

益子焼を扱ったお店などが立ち並ぶ城内坂通りにある、陶磁器と雑貨のセレクトショップです。

店内はゆったりとうつわが眺められる落ち着きのある空間。

益子でうつわを作っている人気の陶芸家をはじめ、約50名の作品が並んでいます。

このほか、木製品やキッチングッズ、ステーショナリー、ベビーグッズなど、多彩なラインナップを誇ります。

毎日の暮らしが楽しくなるようなアイテムが揃っているので、城内坂通りを歩く時は是非立ち寄ってみてください。G+OO「スリップウェア」という技法を用いた伊藤丈浩さんの作品G+OO「ミニ花瓶」JOHNNYさん作。それぞれ大きさや形が異なるのが楽しいG+OO(左)「粉引花器」、後藤義国さん作(右)「動物たちの置物」しがみさこさん作 G+OO
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy