体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遺跡をバックに海水浴が楽しめる!?メキシコ「トゥルム遺跡」の魅力

プロダイバーとして働きながら世界を周っていますYauichiです。現在はメキシコのプラヤデルカルメン在住。

メキシコといえば、謎がたっぷり詰まったマヤ文明の遺跡巡り!という事で、世界遺産であるチェチェンイッツァやティオワカンをチェックされる方は多いでしょう。

しかし、実はメキシコには他にも遺跡が沢山。その中でもトゥルム遺跡をご存知でしょうか?

日本人には馴染みが浅いですが、メキシコでは第3位を誇る超人気遺跡。またトゥルムやプラヤデルカルメン、カンクンなどからのアクセスの良さも人気の秘訣です。

この記事ではそんなトゥルム遺跡の魅力をたっぷり紹介しちゃいます。

 

遺跡×カリブ海の絶景

photo by shutterstock

トゥルム遺跡と言えば、この美しいロケーション。多くの遺跡がジャングルの中や砂漠の中など、何もない所のど真ん中に立てられています。

しかし、トゥルム遺跡は世界の遺跡の中でも珍しい海辺に立てられています。まさに今流行りの「インスタ映え」の遺跡です。

マヤ文明の遺跡×カリブ海のロケーションは世界中探してもここだけと言えるでしょう。

 

高さ12mの崖の上に立つ城El castillo

photo by shutterstock

遺跡の中でも一番目立つ建物が、この神殿。こちらの神殿もなんと高さ12mの崖の上に立てられています。遺跡の中央に位置し、最も高い建物です。

王や位の高い人々が儀式に使ったのでしょうか。カリブ海から昇る美しい朝日をバックに儀式を行っていたのかな…なんて想像を膨らませるのも結構楽しいです。

 

遺跡をバックに海水浴も楽しめる

photo by shutterstock

美しい景観や遺跡を楽しめるだけではありません。なんとこの遺跡、海水浴まで楽しめます。遺跡の奥にはビーチに繋がる階段があり、そこから降りてビーチに繋がっています。

更衣室やシャワーなどの設備はもちろんありませんが、遺跡の後の汗を流すにはちょうどいいかも。

野生のイグアナ沢山

photo by shutterstock

日本ではイグアナを目にする機会は動物園ぐらいしかありません。ですが、ここトゥルム遺跡ではそこら中でイグアナを目にする事ができます。

しかもこのイグアナ、遺跡内で飼われているわけではなく全て野生。

カリブ海と遺跡、そしてイグアナというまさにトゥルム遺跡でしか出会えない光景に出会う事ができます。

 

アクセス方法

こちらの遺跡に行くには、まずトゥルムの街を目指しましょう。カンクン、もしくはプラヤデルカルメン滞在の方でも街からADOという会社の高速バスがトゥルム行きで出ています。

日本の高速バスと変わらないクオリティなので安心して使う事ができます。しかし、バスの中は冷房ガンガンです。寒さ対策だけは忘れずに。

トゥルムの街に着いたら、そこからは「歩き」、「タクシー」、「自転車」の3つの行き方があります。

歩きでも街の中心から30分ほどで着きます。タクシーなら40ペソ程(詳しくは現地で相場を確かめて下さい)で行けると聞いた事があります。

またトゥルムの街に長期滞在するなら自転車もおすすめ。自転車で遺跡まで来ているバックパッカーを沢山見かけます。

 

まとめ

いかがでしたか?世界に遺跡は星の数ほどありますが、その中でもトゥルムは独特。まさにフォトジェニックな遺跡と言えるでしょう。

滞在場所からもさほど遠くないですし、遺跡も1時間程で簡単に回れてしまうのでお手頃です。是非旅行の際は参考にしてみて下さい!

関連記事リンク(外部サイト)

エチオピア観光の超マイナースポット「秘密のライオン像」がある遺跡
【きっとあなたも驚嘆する】かつての日本の近代化を支えた軍艦島の絶景
アジア最後の秘境ヤンゴンの観光スポット15選
旅人におすすめのミャンマーの観光スポット11選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。