体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外でSIMフリースマホを使うときの10の疑問をプロに聞いてみた

海外でSIMフリースマホを使うときの10の疑問をプロに聞いてみた

最近のTABIPPO編集部では「スマホってSIMフリー?」という会話が聞こえてきます。ドコモやソフトバンクなど大手携帯キャリアに対してSIMロック(自社以外の携帯会社でスマホを使えないように端末にかける制限)の解除が義務付けられたことで、SIMフリーのスマートフォンを使う人が非常に増えてきました。

旅行先に着いたら、現地のSIMカードを買って、ネットワークを更新。日本と比べると電波が弱いときもあるけれど、Google MapもLINEも使えるから、日本で過ごすのと変わらないように過ごすことができることがメリットです。デメリットは、SIMフリースマホに移行するときに学ぶべきことがあること。SIMフリースマホって興味はあるけど、ぶっちゃけよく分からない!って人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は元ソフトバンクで、現在はTAKT(タクト)という世界200ヶ国で使えるグローバルSIMを販売している山崎さんに「海外でSIMフリースマホを使うときの疑問」をお聞きしました。

海外でSIMフリースマホを使うときの10の疑問をプロに聞いてみた

山崎 慧

1986年東京生まれ。新卒でソフトバンクに入社。転職期間中に1ヶ月の弾丸世界一周を経験。現在は、世界約200の国と地域に対応し、低価格な通信料金で提供するグローバルSIMカード「TAKT (タクト) 」の事業責任者。これまでに5大陸24カ国を制覇

 

1. SIMフリースマホってどういう意味?

SIMフリースマホとは、購入時からSIMロックがかかっていないスマホのことを言います。SIMフリースマホは、iPhoneならApple Storeで、Androidは家電量販店などで購入できます。 ちなみに、SIMロックとは、日本の大手携帯キャリアでスマホを購入する場合、他社で使えないように端末に制限がされていることです。

これまで契約者はスマホを安く購入できる分、携帯キャリアにSIMロックという囲い込みをされていました。そのため、海外のSIMカードを利用するためには、海外でSIMフリースマホを購入するなど、入手ハードルが高かったのです。しかし、日本でも2015年5月以降の販売端末から【SIMロック解除】が義務付けられ、誰でも手軽にSIMロックを解除できるようになりました。

 

2. 今持ってるスマホはどうすればSIMフリーにできるの?

docomo、au、SoftBankそれぞれの会社で、SIMロックを解除できる条件設定がされています。 方法は、各社のWEBまたは店頭で申請でき、WEBであれば無料です。ちなみにSIMロックを解除しても、現在の回線契約が解約されることはありません。

SIMロックを解除しておけば、現在の大手携帯キャリアのまま、海外旅行の時だけ海外のSIMカードを使い、スマホを利用することが可能です!スマホが故障しても、購入した携帯キャリアで修理を受け付けてくれますので、SIMロック解除自体には、ほぼデメリットがないと言えます。

 

3. SIMフリーのスマホを海外で使うためには何をするの?

海外でインターネット(以降、データ通信と記載)を利用するには、SIMフリーまたはSIMロックを解除したスマホと海外で使えるSIMカードが必要です。 海外で使えるSIMカードを日本で購入する場合は、家電量販店や空港、ECなどで購入できますが、日本語でのサポートが受けられる分、やや割高となります。

旅行先で購入する場合は、空港や街中の電気屋、コンビニなどで購入できます。 スマホとSIMカードを用意できたら、スマホにSIMカードを挿入してAPN設定を行います。が、SIMカードを買った店舗にお願いもできるので、自力ですることはありません。

 

4. 海外のSIMカードにはどんな種類があるの?

旅行者が使える海外のSIMカードは、主に3つに分類できます。すべてプリペイド型のサービスです。この分類によって、設定やメリットデメリットなどが異なります。今後の説明でも使うので、簡単に現地SIM、グローバルSIM、無期限グローバルSIMと覚えてください。

①現地携帯キャリアの旅行者向けSIMカード

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。