体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46 生駒里奈ラストセンターの一期生曲&三期生曲のMV公開

乃木坂46 生駒里奈ラストセンターの一期生曲&三期生曲のMV公開

 2018年4月25日にリリースとなる、乃木坂46の20thシングル『シンクロニシティ』より、各タイプに収録されるC/W曲「Against」と、初回仕様限定(CD+DVD)盤タイプDに収録されるC/W曲「トキトキメキメキ」のミュージックビデオが公開された。

乃木坂46 MV

 2015年「シャキイズム」以来、一期生メンバー全員でMVを撮影した「Against」。卒業を控え、最後のセンターを務める生駒里奈の「一期生の新しい一面が見せられるMVにしたい」という意向のもと、“ジャズダンスを踊る乃木坂46”が大きなコンセプトとなった。メンバーは途切れる事がないダンスの連続で、撮影中は終始連続して踊り続ける必要性があり、また撮影は全カットを繋げる為、全く同じ動きをプログラムできる「モーションコントロールカメラ」が使用された。監督は、2015年に公開し大ヒットした乃木坂46ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方~Documentary of 乃木坂46~』や、乃木坂46のMVも数多く手掛けている丸山健志が務めた。

 そして、3月中旬に千葉県九十九里で収録した三期生曲「トキトキメキメキ」は、「夏まであと100日」ということに気づいた三期生メンバー・岩本蓮加を中心に、冒険班とパーティー班に別れ、大騒ぎするという内容。しかし撮影当日は大雨に。屋外で想定していた撮影が全くできなくなり、ほとんどが室内に設定変更された。大雨で急激に気温も下がり、夏服らしい爽やかな衣装を着用していたメンバーはストーブが当たりながら撮影を行なったという。監督は、乃木坂46のMVや特典映像“個人PV”などを手掛けている伊藤衆人が務めた。

◎動画
「Against」https://youtu.be/id5jSk3F7h4
「トキトキメキメキ」https://youtu.be/IKsd1WbBCdQ

◎リリース情報
乃木坂46
2018/04/25 RELEASE
<初回仕様限定盤Type-A>
SRCL-9782~9783 / 1,528円(tax out)
<初回仕様限定盤Type-B>
SRCL-9784~9785 / 1,528円(tax out)
<初回仕様限定盤Type-C>
SRCL-9786~9787 / 1,528円(tax out)
<初回仕様限定盤Type-D>
SRCL-9788~9789 / 1,528円(tax out)
<通常盤>
SRCL-9790 / 972円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46、新曲「シンクロニシティ」MV公開 振付は「インフルエンサー」も手掛けたSeishiro
乃木坂46生田絵梨花/衛藤美彩/桜井玲香 初ユニット曲「雲になればいい」がフジ『めざましどようび』テーマソングに
乃木坂46 新SG『シンクロニシティ』メンバー奇跡のシンクロを切り取ったジャケ公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy