体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニッキー・ミナージュ、カーディ・Bとの不仲説に言及

ニッキー・ミナージュ、カーディ・Bとの不仲説に言及

 ニッキー・ミナージュがBeats 1のゼイン・ロウに、長らく噂されているカーディ・Bとの不仲説について自身の見解を涙ながらに語った。

 ミーゴスの「モータースポート」にカーディ・Bと共にフィーチャー・アーティストとして登場している彼女だが、この楽曲がリリースされた2017年10月あたりから彼女たちの不和が噂されるようになり、2人は何かと比較されるようになった。

 2018年4月12日に公開されたインタビューでニッキーは、「モータースポート」のリリース直後のカーディのインタビューが一番傷ついたと語っている。2017年11月にカーディは英国のCapital Xtraとのインタビューで、自分がトラックを聴いた時はまだニッキーのヴァースが完成しておらず、リリースされたものとは違っていたと主張していた。ニッキーは、「自分が駆け出しだった頃を思うと、あのくらいの立場の女性が(今の)私と一緒にフィーチャーされたなら、ひたすら相手を褒めたたえて感謝してると思う」と述べ、「彼女はすごくイライラして怒っているみたいに見えて、”あ、あれは聴いてない。あのヴァースは聴いてない”って。信じられなかった」と話している。

 「最近のインタビューまで、彼女が私に対して心からの好意を見せるところを見たことがなかった。ニッキー・ミナージュと一緒に曲がやれたらいいのにと願う女子はいっぱいいるだろうって思うの。別にうぬぼれてるわけじゃない。けど、あれはないわ。”ニッキー・ヘイト・パレード”のせいで彼女はああいう態度で私に接してもいいって思っちゃったのね」と声を詰まらせながら彼女は話している。

 11月のカーディのインタビュー以前に二人の不仲説を打ち消そうと、ニッキーは「モータースポート」がレコーディングされた経緯をファンに説明しようとしたものの、自分だけでは手に負えないと感じたため、ミーゴスのクエヴォに加勢を求めたそうだ。ところが、「俺の女だったらTwitterで助けてやってもいいけど」と、彼は援護してくれなかったと明かしている。

 「私がコテンパンにやられているのを見ながら誰も間に入って本当のことを言ってくれなかったことに傷ついた。ニッキーを悪者にするのが面白いから、嘘を助長するし、みんなが嘘を助長するのを許すの」と彼女は話している。

 また、最近部分的にリークされたニッキーの新曲がカーディをディスっているのではというファンの分析に関しては、1年半前に書かれたものだからありえないと否定している。

関連記事リンク(外部サイト)

カーディ・B、ニッキー・ミナージュとのビーフについて言及「私はそんなに暇じゃない」
ニッキー・ミナージュとナズが破局
カーディ・B、Twitterフォロワー数急増 デビューALリリースから260万回ツイートされる

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。