体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らずにやっている人多数! 金運を下げる口グセと行動

知らずにやっている人多数! 金運を下げる口グセと行動

あなたはお金が好きですか?

人前でもためらうことなく「お金、大好き!」「お金がほしい」と言える人はひとまず大丈夫、お金持ちになる素質はあります。

でも、内心お金が欲しいのに「がめつい奴だと思われたくない」「人生お金がすべてと思っているみたいでちょっと…」と、言葉に出すのをはばかるようなら、あなたは「お金が貯まらない人」かもしれません。

■金運が強いのは「お金が好きだ」と言える人

『愛もお金も引き寄せたいなら 財布の神さまと仲良くしなさい』(浅野美佐子著、すばる舎刊)は、運気という視点から「お金に愛される人」と「お金が逃げていく人」の特徴を明かしています。

それによると、「お金が好き」とはっきり言えることは、お金に愛される人の大きな特徴なのだそう。

もちろん「お金に愛される人」の特徴があるからには「お金が逃げていく人」や「お金が貯まらない人」の特徴もあります。特にこんな口癖やこんな行動は要注意。心当たりがあるなら正した方がいいかもしれません。

■「まあいいか」の買い物は今すぐやめよう

いくら稼いでいても、手元にお金が残らないならお金持ちとはいえません。稼いだお金が浪費で消えてしまう人には、お金を使う時に共通する口癖があります。

それは「もったいない」「まあいいか」「値段と相談してる」というもの。

これらの言葉が出る時、その買い物は意思がない「なんとなく」の買い物です。つまりあなたにとってさして大事ではないものに、強い理由もなくお金を使ったということで、それは結局浪費なのです。

本当に欲しいもの、必要としているものを買う時、「まあいいか」も「もったいない」も口に出ません。そして、買った後には大きな満足感と幸福感を感じるはず。同じようにお金を使うなら、何となく使うのではなく意思のある使い方を。

これが、浪費を減らし手元にお金を残すために必要な考え方なのです。

■「ランチ代立て替え」が金運を下げる

本書でさらに「お金が逃げていく人のクセ」として取り上げられているのが、「借金グセ」です。

「借金なんてとんでもない」という人でも

「ランチ代、お釣りがないから、立て替えといて」「コンビニでジュース買ってきて、後で払うね」

といったセリフには心当たりがあるかも。これらも、額は小さくても立派な「借金」です。

本書の著者であり、開運コンサルタントの浅野美佐子氏によると、こうした「小さな借金グセ」は知らぬ間に自分のまわりにマイナスエネルギーを溜めこんでしまうそう。

もちろん、周囲の人からの信頼度も下がりますから、ちょっとした買い物でも立て替えてもらうのはやめておくのが、長い目で見るといい習慣のようです。

表紙

電子マネーや仮想通貨の時代だからこそ、「お金に好かれる人」でありたいもの。

本書では、そんな人になるための習慣と行動、考え方が詳述され、お金持ちになりたい人、経済的にゆとりを持ちたい人の助けになってくれるはずです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「お金は宇宙銀行に」スピリチュアルカウンセラーの名言・迷言

「でも、起業って大変じゃないの…?」と思う人に。一番大事なお金との向き合い方

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。