体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中で大人気!生誕60周年を記念して「くまのパディントン(TM)展」が渋谷で開催♪

マイケル・ボンド氏 (C) P&Co. Ltd. 2018

映画も公開され世界で大人気の「くまのパディントン」♪今年で生誕60周年を記念して、展覧会が2018年4月28日(土)から6月25日まで渋谷・東急本店横にあるBunkamuraザ・ミュージアムで開催されますよ。

絵本や漫画の原画や世界中で出版された書籍、さらには2017年6月に91歳で逝去した、パディントンの生みの親である作家マイケル・ボンド氏の貴重な仕事道具やインタビューなど見ることが出来ます!子供から大人まで性別や国を超えて愛されるパディントンの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

パディントンって?

パディントンは1958年にイギリスの作家マイケル・ボンド氏によって誕生しました!誕生のきっかけは、ボンド氏がロンドンのお店で売れ残っていた小さなクマを可哀想に思い、奥さんへのクリスマス・プレゼントとして購入したこと。当時、パディントン駅近くに住んでいたことから「パディントン」と名づけられました。ペギー・フォートナム画 「パディントン」シリーズの挿絵(複製) Illustrated by Peggy Fortnum © Paddington and Company Ltd 2018 ペギー・フォートナム画 「パディントン」シリーズの挿絵(複製) Illustrated by Peggy Fortnum (C) Paddington and Company Ltd 2018

物語では南米から一人でイギリスにやってきた子グマが、パディントン駅でブラウン夫妻と出会い家族として迎えられます。そこからさまざまな騒動を巻き起こしながら、街の人気者になっていきます。この物語は多くの人に感動と勇気を与えてくれますよ♪R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007 年  Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright © R.W. Alley 2018  R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007 年 Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright (C) R.W. Alley 2018

パディントン(TM)展を楽しむポイントを5つご紹介します!

【ポイント1】貴重な挿絵原画2点を要チェック

児童文学「パディントン」シリーズで、女性挿絵画家のペギー・フォートナムによって描かれた貴重な原画2点を見ることが出来ます。さらには複製画も交えて10巻にわたる物語をたどっていき、ストーリーに登場するイギリスの生活やロンドンの名所を垣間見ることが出来ますよ♪ペギー・フォートナム画 『くまのパディントン』の挿絵原画、1958 年  Illustrated by Peggy Fortnum (C) Paddington and Company Ltd 2018ペギー・フォートナム画 『くまのパディントン』の挿絵原画、1958 年 Illustrated by Peggy Fortnum (C)Paddington and Company Ltd 2018ペギー・フォートナム画 『パディントン、テストをうける』の挿絵原画、1979 年 ペギー・フォートナム画 『パディントン、テストをうける』の挿絵原画、1979 年 Illustrated by Peggy Fortnum(C)Paddington and Company Ltd 2018

【ポイント2】色々なタッチの「パディントン」が楽しめる♪

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。