体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】雑貨や古着を飾っておしゃれな男子部屋をつくるコツ

雑貨や古着で気軽にアレンジ! 見せるアイテムで空間の雰囲気を決める部屋づくり

こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は千葉県松戸市にある1LDKの賃貸物件に住むS.Uさんの部屋を訪問してみた。

働きながらインテリアコーディネーター資格を勉強中のS.Uさん。中学生で模様替えに目覚め、進学を機に本格的に部屋づくりをスタート。好みの雑貨やDIYを織り交ぜたコーディネートをしている。

インテリアのポイントはアンティークな空間にすること。

取り替えやすいレトロ雑貨や古着を使い、雑多にならない配置バランスを見極めているとのこと。部屋には木目を基調としたシックな家具を中心に、柄物や青の差し色を加えてメリハリをつけている。さまざまなアレンジを日々SNSで発信中だ。
好きなものに囲まれた部屋づくりをしているS.Uさんに部屋づくりのポイントを教えてもらった|【インテリアコーディネート術】雑貨や古着を飾っておしゃれな男子部屋をつくるコツ

好きなものに囲まれた部屋づくりをしているS.Uさんに部屋づくりのポイントを教えてもらったプロフィール

名前:S.Uさん(Instagram:peishun02)
職業:会社員
居住地:千葉県松戸市 新八柱駅 徒歩5分
居住年数:1年物件データ

間取り:1LDK
築年数:15年
一人暮らしにちょうどいい1LDKに住むS.Uさん|【インテリアコーディネート術】雑貨や古着を飾っておしゃれな男子部屋をつくるコツ

一人暮らしにちょうどいい1LDKに住むS.Uさん①.カーテンではなくお気に入りの柄の布を採用

窓にはカーテンの代わりにお気に入りの柄の布を使用。市販のカーテンクリップで留めればどんな布でも対応でき、取り外しもラクラク。
空間に馴染むよう、カーテンではなくお気に入りの布を選ぶのが、統一感のあるおしゃれ部屋にするコツ|【インテリアコーディネート術】雑貨や古着を飾っておしゃれな男子部屋をつくるコツ

空間に馴染むよう、カーテンではなくお気に入りの布を選ぶのが、統一感のあるおしゃれ部屋にするコツ②.アイテムを掛けてオシャレな空間を演出

雑貨や古着をカーテンレールに掛けてインテリアの一部に。視界に入りやすく、気軽に交換できるので部屋のカラーアレンジにも良い。
季節ものの服や小物、雑貨をあえて吊るしてオシャレなインテリア風にアレンジ|【インテリアコーディネート術】雑貨や古着を飾っておしゃれな男子部屋をつくるコツ

季節ものの服や小物、雑貨をあえて吊るしてオシャレなインテリア風にアレンジ③.フレキシブルに組み合わせる収納棚

シェルフは時計や靴を分けて収められるようにDIY。それぞれのボックスを細かく独立させることで、設置場所やスペースに応じて自由に組み合わせることが可能だ。
自作のシェルフは入れたいものに合わせて構造を変えられるので便利。ここでもやっぱりオシャレアイテムを飾り、見せる収納で雰囲気を演出している|【インテリアコーディネート術】雑貨や古着を飾っておしゃれな男子部屋をつくるコツ

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。