体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コカ・コーラ史上初!凍らせて飲む「コカ・コーラ フローズン レモン」を一足お先に体験してみた

コカ・コーラ史上初!凍らせて飲む「コカ・コーラ フローズン レモン」を一足お先に体験してみた

 早くも夏日があったりと、春にしてはやけに暖かい日がある2018年。そんな天候に合わせた訳ではありませんが、コカ・コーラから夏に向けてピッタリの新しいドリンクが発売となります。なんとパウチ型の容器ごと凍らせ、もんでシャーベット状に柔らかくしつつ飲む……というコカ・コーラ史上世界初の商品。その発表会にお邪魔してきました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 コカ・コーラ史上初のパウチ型容器入りフローズン飲料として2018年4月16日から発売されるのは、「コカ・コーラ フローズン レモン」、そしてファンタの「ファンタ フローズン グレープ」「ファンタ フローズン オレンジ」の3種類(各税抜き130円)。どれもパウチ型の容器に入っていて、この容器ごと冷凍して楽しむという、トクホのコカ・コーラ「コカ・コーラ プラス」、桃のフレーバーが新鮮な「コカ・コーラ ピーチ」に続く、世界初の新商品です。

 発表会に登壇した日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング本部 炭酸カテゴリー コカ・コーラTMグループ 統括部長の島岡芳和さんによると、この商品の開発には、構想から8年もの期間がかかっているとか。なにしろ、普通に凍らせてしまったらただ固くなってしまい、うまくシャリシャリのシャーベット状になってくれません。それに炭酸が入った状態では、凍らせて解凍する段階で炭酸が先に気化してしまい、容器が破裂する危険もあったとのこと。

 そこで炭酸を使わずに商品を作ることにしたそうなんですが、今度は「コカ・コーラならではの味わいを炭酸なしで感じてもらう」ための壁が立ちふさがります。ごぞんじ、コカ・コーラのレシピは極秘。このレシピを「コカ・コーラらしさ」の味わいを崩すことなく、いかにバランスよく整えるのか……ということで、70種類以上の成分を試し、100近い試作品を作って検討したといいます。最終的に、究極の冷たさにレモンフレーバー(レモン果汁1%)を加えることで、炭酸同様のさわやかさを実現したんだとか。ファンタの方は、実際に多くの果汁を使って、よりジューシーなさわやかさを実現しています。

 また、うまくシャリシャリしたシャーベット状に溶けていくよう、飲料自体の凍り方(凝固点)の調整はもちろん、容器となっているパウチの材質にもこだわったそうです。フローズンの新食感が楽しめる、コカ・コーラやファンタの新しい商品。発表会の後に、実際に試してみました。

 発表会は暖かく晴れた日だったのですが、夏のあの蒸し暑さにはまだ遠い……ということで、試飲会場にはテントサウナが登場。実際に暑い夏の空間で、このコカ・コーラ フローズン レモンを最高においしく飲んでほしい、ということのようです。


 さて、このコカ・コーラ フローズン レモンと、ファンタ フローズン グレープ、ファンタ フローズン オレンジ。楽しみ方のコツは、凍ったパウチ型容器を15~20分ほどおいて、半解凍状態にすることだとか。そして柔らかくなったところでパウチをもみ、キャップを開けて飲みます。

 一口飲んで、口の中に広がるあのコカ・コーラ感。炭酸は入っていないのに、確かに炭酸のような刺激とさわやかさを感じます。キンキンに冷やしたコカ・コーラそのもの、という印象。

 ファンタの方は果汁の感覚が強く、フルーツシャーベットを食べているよう。オレンジはさわやか、グレープは濃厚な果汁のうまみが感じられました。

 凍らせてもんで飲む、新感覚のコカ・コーラ。夏のビーチなどにぴったりの商品だと思いますよ。

(取材・咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

限定1000個販売のマクドナルド秘伝のソース「ビッグマックソース」を無難な3品にあわせてみたよ!
バーミヤンで「BM(バーミヤン)級グルメフェス」開催 「台湾屋台風ダージーパイ」が新たに登場
料理に野菜ジュースを使うとホントにうまくなるの?味覚センサーで調査

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。