体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心地よくのんびり長湯!トクラスバスルーム「YUNO」新発売

バスルームYUNO
温かいお湯にゆっくりと浸かって疲れを癒す。シャワーだけでは得られないお風呂の効果は、今や様々な角度から証明されている。

トクラスは、“長湯品質”をコンセプトに『ついつい長湯したくなる居心地のよさ』を追求したトクラスバスルーム「YUNO」を4月23日(月)から発売する。

バスルームYUNO
何かと手短に済ませようとする時代でも、時間を忘れてゆっくり過ごしたいのが「お風呂」。慌ただしく流れる日々の生活において、新シリーズ「YUNO」は“まるで風景を愉しむ温泉のように、日常の喧騒から離れて味わう心地よさを日々の入浴で感じたい”と願う人を対象としたバスルームだ。

「光のゆらぎ」「肌ざわりの良いバスタブ」「音」をコンセプトとし、あらゆる角度で入浴を愉しめるのが特徴だ。

みなもライト
演出効果を高めた照明「みなもライト」は、水面を照らす柔らかなゆらぎを天井に映し出す。光と空間全体の明るさが最適のバランスを醸し出し、光の陰影は奥行きや広さを感じさせる。

しっとりなめらかな肌触りのバスタブ「エクラン」は、体を預けた時に心地よさを体感できる形状。ブロッコタイプとエルゴタイプの2種類から選べる。

スマートフォンなどと接続して好きな音楽を楽しめる浴室スピーカー「サウンドシャワーe」は、質のいい低音を発生し、残響音の多い浴室空間に最適だ。

さらに、スイッチ一つでバスタブを自動洗浄できる「おそうじ浴槽」もオプションで搭載可能。掃除の手間を軽減でき、忙しい中でも入浴をゆっくり愉しむことができる。

時間を忘れて思わず長湯をしてしまう至福の時間を「YUNO」で体感してみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy