体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウィルコ・ジョンソン、30年ぶりの新曲収録アルバム『ブロウ・ユア・マインド』発売決定

ウィルコ・ジョンソン、30年ぶりの新曲収録アルバム『ブロウ・ユア・マインド』発売決定

 ウィルコ・ジョンソンが、オリジナルの新曲を収録したアルバム『ブロウ・ユア・マインド』を6月15日に発売する。

 ドクター・フィールグッドの伝説的なギタリストだったウィルコ・ジョンソン。彼のオリジナルの新曲を収録したアルバムは、1988年に発売された『バーブド・ワイアー・ブルース』以来、30年ぶりとなる。

 ウィルコ・ジョンソンは、2012年末に末期の膵臓癌と診断されたがこれを克服。ロジャー・ダルトリーとの名義で2014年に発売したカバー・アルバム『ゴーイング・バック・ホーム』は、全英チャート3位を記録してその存在感を見せつけている。

 今作には、ウィルコのバックを務めてきたノーマン・ワット・ロイ(ベース)とディラン・ハウ(ドラムズ)が参加。プロデュースは『ゴーイング・バック・ホーム』に続いて、デイヴ・エリンガが担当している。

 収録曲のテーマとなっているのは、過去5年間に経験した試練の日々で、「マリファナ」や「テイク・イット・イージー」といった曲は、彼が受けた末期癌の告知のことを直接採り上げている。これらの楽曲についてはウィルコはこうコメントしている。

 「こういう歌を録音するつもりは実のところなかったし、自分がスタジオにまた入ることがあるのかどうかさえわからなかった。曲のひとつは、あの時期を振り返ったものになっている。夜、家の中で座り込んで、死が迫ってきていることを感じている……という内容でね。その曲も録音したし、アルバムに入る予定。実はかなり元気のいい曲でもあるんだ!」。

 アルバムはiTunesで予約が開始。収録曲の「マリファナ」は現在iTunes、Spotifyなどで先行配信中となっている。

◎リリース情報
アルバム『ブロウ・ユア・マインド』
2018/6/15 RELEASE
UICY-15741 2,500円(tax out.)

◎配信情報
「マリファナ」
iTunes、Spotifyなどで配信中

関連記事リンク(外部サイト)

【朝霧 Jam】ラインナップ第1弾発表! ベルセバ/ウィルコ・ジョンソン/EGO-WRAPPIN’/UAら17組の出演が決定?
ウィルコ・ジョンソン、2017年10月にジャパン・ツアー決定?
ウィルコ・ジョンソン初の自伝がじわりじわりと話題に。余命宣告から奇跡の復活を遂げた波瀾万丈の半生を綴る?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。