体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『美女採集』の清川あさみにとって美女とは「コンプレックスを個性に変換できる人」

『美女採集』の清川あさみにとって美女とは「コンプレックスを個性に変換できる人」
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』。4月9日の週は、クリス智子に替わり女優の南沢奈央がナビゲーターを担当。コーナー「YA-MAN BEAUTIFUL STANDARD」、4月10日(火)のオンエアでは、アーティスト・清川あさみさんが登場。清川さんが15年間に渡り創作し続けているアート『美女採集』シリーズについてお訊きしました。

■清川あさみにとって「美女」とは?

清川 あさみ✴︎さん(@asami_kiyokawa)がシェアした投稿 – 2018年 4月月7日午後4時24分PDT

有名な女優、モデル、ミュージシャンたちを“採集”するアートを作ろうと思ったきっかけは、なんだったのでしょうか?

清川:同性だからこそわかることがあると思っているので、女性というものをテーマにしています。「美女」という言葉は、自分の中では“頑張っている人”。単純にきれいで美しい人を採集してるわけではなく、生き方とか人のコンプレックスとか、ちょっと悩んでいる部分を個性として変換できている人を、私の中で「美女」という風に名付けています。

そういう人を写真に撮って、それに刺繍を施したり、時間をかけて丁寧に仕上げています。やっぱり、採集したら誰かと共有したいんですよね。「なんでこの人が美しいのか」とか「どうしてこんなにキラキラしてるんだろう」というのを考えるきっかけになったらいいなと思って、始めたんです。もともとひとりだけを採集するのではなく、輝いている人をたくさん。それぞれの個性を並べることによって、誰かが何かを感じたりとか、そのエネルギーに勇気をもらったりするんじゃないかなと。

■『美女採集』が生まれたきっかけ

清川:生きもの、生きてるものに興味があるんですよね。有機的なもの、命があるものに。私が淡路島生まれで、動植物、自然に囲まれて生活してきたというのもあります。(中略)標本箱に美しい蝶を採集するみたいに、きれいな理由を紡ぐみたいに、表と裏を行ったり来たりする手法が、すごく「採集」という言葉にぴったりきて。それが『美女採集』が生まれたきっかけなんです。

清川 あさみ✴︎さん(@asami_kiyokawa)がシェアした投稿 – 2018年 3月月24日午後4時12分PDT

清川さんの個展『ADASTRIA 美女採集by ASAMI KIYOKAWA』は、4月27日(金)から表参道ヒルズ本館B3Fスペースオーにて開催されます。詳細は番組ホームページにも掲載しているので、気になる方はぜひご確認ください。

来週17日(火)のオンエアには、モデルでタレントのラブリさんが登場! パリから四国お遍路まで、大の旅好きであるラブリさん。今いちばん心惹かれるスポットや、これまでの旅先で出会った人などについて詳しくお訊きします。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』

放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。