体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石井竜也が描く「もしも鎖国が続いていたら…」 サムライがTwitterを嗜む?

石井竜也が描く「もしも鎖国が続いていたら…」 サムライがTwitterを嗜む?
J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。4月10日(火)のオンエアでは、石井竜也さんをゲストにお迎えし、ニューアルバム『龍』や、『石井竜也コンサートツアー2018「-陣 JIN-」』について、たっぷりとお話しを伺いました!

■ニューアルバム『龍』誕生秘話

4月18日(水)にニューアルバム『龍』をリリースする石井さん。パッケージに金継ぎを施すなど、豪華な作品に仕上がりました。

石井:たとえば、『河童』(1994)という映画も作ってまして、主題歌は『手紙』という曲で、わりかし「和」なんだけど、演歌にはならずポップスにもならずっていう、ちょっと面白いジャンルを作ってきたんですよ。それを溜めて聴いてみたら40曲以上あって。それだったら和テイストだけのものを作ろうって。
西沢:得意じゃないですか。甲冑モノとか。
石井:大得意ですよ。
西沢:ステージとかでもよく着てますもんね。
石井:おれ、本当はジェームス小野田を見ながら「おれも早くああいうの着れる人間になろう」って思ったくらいですから。

■もしも歴史が違っていたら?

さらに、4月19日(木)から東京・明治座を皮切りに『石井竜也コンサートツアー2018「-陣 JIN-」』を開催します。内容は、エンターテイメントパフォーマンスステージ「将軍たちの午後」と、プレミアムコンサート「天龍降臨」の2部構成。現在、石井さんのホームページではティザームービーが見られます。石井さんは、同ツアーの世界観をこのように語ってくれました。

石井:「もし、あの人と出会わなかったら、ピストンさんはここにいなかったかも」とかいうとき、あるでしょ? 出会いとか、「あのつまずきがよかったんだよな」とか、「あの成功でここきたんだよな」とかが人間にあるのと同じように、歴史もやっぱり同じだと思うわけ。たとえば、「織田信長が勝ってたら」とか。そういう、もうひとつの歴史があったらっていうことで、「戦国時代で鎖国をしてしまってたら」っていう。日本人はバカじゃないから、いろんな物を発明はしてるんですよ。甲冑もちょっと未来型の甲冑だったりして。これが作るのが大変でね。

■サムライがFacebookやTwitterを嗜む!?

ストーリーには、現在のテクノロジーも登場するそうで……。

石井:「龍の国」っていう風にその時代は言っていて、2120年の話なんですよ。だけども、サムライとかそういうのは、ずっと引き継いでいるわけですよ。鎖国してるから。
西沢:じゃあ、そこにはFacebookとか、ないんですか?
石井:あるんですよ、実は。
西沢:TwitterとかFacebookとかあるの? サムライなのに?
石井:そうそう、「光矢文(ひかりやぶみ)」って呼んでるんですけどね。それから、携帯とかもあるんですよ、ちゃんと。
西沢:へえー!
石井:ただ、電波の入りが悪かったりするんですよ(笑)。

未来まで鎖国が続いている日本を、石井さんはどのように描くのか。ニューアルバムとともに、ツアーもぜひチェックしてみてください。

次週はスペシャルウィーク! 4月16日(月)〜4月19(木)の『GROOVE LINE』では、投稿が紹介されると、ピストン西沢監修「番組オリジナルTシャツ」と「デニムトートバッグ」をプレゼント! 投稿をお待ちしています。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。