体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTT、ハイパーループの実物大試験トラックをフランスに建設へ

超高速旅客輸送システム、ハイパーループの開発を進める米ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)は12日、実物大のチューブと車両を使って試験を行う施設をフランス・トゥールーズに建設すると発表した。

計2本のトラックの設置を予定し、1本目の総延長は320メートル。現在スペインで建設中の車両(28〜40人乗り)が今夏にも試験施設に届く見込みで、年内に走行試験を行う。

・直径4メートル

すでにチューブは現場に到着済みで、間もなくトラック建設に着手する。今回の実験に使うチューブは直径4メートルと、実際に客を乗せる車両や貨物コンテナが通るサイズだ。

1本目のトラックは320メートルで、地上に設ける。そして2本目は長さ1キロで、鉄塔を使い地面から5.8メートルのところに設置する。

・リアルデータを収集

ハイパーループをめぐっては、HTT以外にヴァージン・ハイパーループ・ワンが開発を進めている。こちらは、すでに米国ネバダ州でテスト走行を実施済みだ。

ただ、ヴァージンの方のチューブの直径は3.3メートルと一回り小さく、トラックの長さも500メートル。HTTの方が、より現実に近いデータを収集できそうだ。

両社ともにルートの選定なども進めているが、実物大での試験を行うことでハイパーループの“足音”が今後さらに大きくなりそうだ。

HTT Press Release

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy