体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べるなハマるぞキケン!まさに鉄鍋な味『じゃがりこ 鉄鍋餃子味』セブン限定発売!

みんな大好きギョウザ×大好きじゃがりこ。4月4日よりセブン-イレブン限定で販売されている『じゃがりこ 鉄鍋餃子味』は、ただのギョウザならぬ「鉄鍋餃子」の味わいを再現した新風味だ。

自信の逸品でギョウザいます、な『鉄鍋餃子味』新発売!

1995年に発売されたカルビー「じゃがりこ」は、パリパリポリポリ噛みごたえのある唯一無二の人気ポテトスナック。10代・20代を中心に、おでかけや遠足、旅行などの定番として圧倒的な支持を集めている。

 

「じゃがりこ」のバリエーションはすでに100種類以上! ハイペースで登場する新風味は、いつもみんなを楽しませてくれる。この春登場した新風味は、『じゃがりこ 鉄鍋餃子味』(52g・希望小売価格 税抜141円・2018年4月4日発売)! 全国のセブンーイレブン限定で購入できる。

ただの餃子ではなく、「鉄鍋」というところにこだわりが見える! 鉄鍋餃子といえば、丸い鉄板の上に円を描くように美しく並べられた餃子。肉の旨みとキャベツの甘さに加え、にんにくや生姜を効かせてごま油の香ばしい風味を再現したというから見逃せない!

ちなみにじゃがりこ恒例のダジャレは、「自信の逸品でギョウザいます」。中国っぽい衣装に着替えたキリンが、スポットライトを浴びる鉄鍋餃子を満面の笑みで紹介しているイラストあり。

デザインバーコードは、なぜか瓦割りをしているキリンに対し、ママキリンが「修行ざます!」とギョウザダジャレを放って見守っているという謎の構図。瓦割りと鉄鍋餃子は関係ないだろう、と突っ込みたくなるのもじゃがりこらしい遊び心か。

『じゃがりこ 鉄鍋餃子味』の味は? もはや主食級のうまさに驚き!

カップのフタを開けると、こんがりコゲ茶色のじゃがりこがどっさり。餃子というからニンニクの香りがものすごいのかと思いきや、においは餃子でもニンニク臭はほとんどない。肉汁と醤油っぽい香りがする。

じゃがりこ表面には、乾燥キャベツの緑がちらほら。見た目にもしっかり餃子っぽさを持っている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。