体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「気づく」という発見 ISSEY MIYAKEミラノ旗艦店:「My first me」展

My first me_animation 画像

多岐にわたるクリエイションにおいて常に新しい可能性を追求するISSEY MIYAKEとして、4月17日から4月22日までのミラノ・サローネ中、ショップ内の展示エリアにて表現研究者の佐藤雅彦氏をディレクターに迎えた企画展「My first me」展 –自分にとっての初めての自分-を開催。

指紋の池IMG_8691

佐藤雅彦氏による「初めての自分」を知る作品を体験することで、あらためて、国や人種を超えたクリエイションとその喜びの本質を伝える。
「一枚の布」というコンセプトによる国籍や国境の概念を超えた衣服から、その多岐にわたるクリエイションにおいて常に新しい可能性を追求する ISSEY MIYAKE。 2017 年、ミラノにイタリア初のショップ拠点を設け、デザインを通してものづくりの発見や楽しさを発信している。
4月17日から4月22日までのミラノ・サローネ中、ショップ内の展示エリアにて表現研究者の佐藤雅彦氏をディレクターに迎えた企画展「My first me」展–自分にとっての初めての自分-を開催。
これまで映像を中心に幅広い領域で活躍している佐藤氏は、その表現活動の中で「人間にとっての新しい表象」を探りながら、意識の中に介在する無意識を誰もが体験できるような提案をしている。
それは、人間の認知や感覚において、今まで気付かなかったことに「気付く」という日常に潜む発見がもたらす楽しさなのではないか。
本展は、佐藤氏の最新著書「新しい分かり方」を源流とする、「味わったことのない気持ち」を生む体験型の作品と、さまざまな映像作品で構成される。
佐藤雅彦氏による「初めての自分」を知る作品を体験することで、あらためて、国や人種を超えたクリエイションとその喜びの本質を伝える。

2018年4月17日(火)-4月22日(日)
10:00-20:00 (会期外は19時まで)
ISSEY MIYAKE / MILAN
Via Bagutta 12, 20121 Milan

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。