体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

21年目に歩み出したNONA REEVESの大阪でのライブレポートが到着!POP’N SOULの更なる深化を体感する一夜

21年目に歩み出したNONA REEVESの大阪でのライブレポートが到着!POP’N SOULの更なる深化を体感する一夜

 NONA REEVESが約3年振りにビルボードライブ大阪に帰ってきた。

NONA REEVES ライブ写真(全10枚)

 昨年デビュー20周年を迎え、古巣ワーナーミュージック・ジャパンに復帰。同年10月には最新アルバム『MISSION』をリリースした彼らだが、Billboard Recordsに所属していた2011年から2016年までオリジナル3枚、カバー3枚の計6枚のアルバムをリリースしている。

 ビルボードライブ東京では、2016年9月に公演が行われ、その模様はLIVE ALBUMとしてもリリースされていることから記憶に新しいところであるが、ビルボードライブ大阪での公演は、2015年4月のWham!をフィーチャリングした「Choice 80’s!!!!!!!!」より約3年ぶり。ということで、今回の大阪公演開催にあたり歓喜したファンも多いことだろう。

 客電が落ち、大きな拍手の中、メンバーがステージに姿を現す。オープニングナンバーのイントロにのせて「ようこそ、ビルボードライブ大阪へ。最後まで楽しんでいってください。」とヴォーカル西寺がオーディエンスに呼びかける。今回のステージには、NONA REEVESの3人に加え、村田シゲ(Ba)、冨田謙(Key)、そして真城めぐみ(Cho)と、近年のNONA REEVESのサウンドを支える鉄壁のメンバーが参加。

 序盤から繰り出されるアップテンポなナンバーに、コール&レスポンス、ハンドクラップが沸き起こる。NONA REEVESならではのカラフルなPOP’N SOUL、そこにしなやかに織り込まれるエレガントなエッセンス。音を、メロディを、そして言葉を重ねていく毎に、上質で濃密な大人のLive空間が生み出されていく。時に胸躍り、時に聴き入り、時に切なくなる…、何と贅沢な時間だろうか。

 曲間に繰り広げられるMCでは、ユーモアやジョークを挟みつつ、楽曲や会場への想いを話し始める西寺。「ビルボードは、NONA REEVESにとっても、特別でピリッとする場所」。それ故にBillboard Records時代に発表したナンバーは、ビルボードライブのステージに映える曲を意識して制作した曲も多いそうだ。そして今回のLiveのセットリストにも、Billboard Recordsで発表した楽曲が数多く組み込まれている。

 揺らめくミラーボールが良く似合うダンスチューン、「大人」ならではの艶やかな気配を秘めたムーディなナンバー、思わず溜め息をつきたくなるような甘いバラード、さらにはカバーチューンまで、多様な表情を垣間見せながら、洗練されたサウンドでオーディエンスを魅了していく。21年目に歩み出したNONA REEVES、POP’N SOULの更なる深化を体感した夜だった。

 「ビルボードライブ」だからこその選曲、濃密な時間は、「ビルボードライブ」でしか味わうことが出来ない。ぜひこの後13日に控える東京公演も、見逃さずチェックしていただきたい。今回の公演は、1stステージ、2ndステージで選曲も変えているとのことなので、ステージ毎に違ったNONA REEVESの魅力が楽しめるはず。加えて、メンバーのアイデアから生まれたという楽曲にちなんだオリジナル・カクテルも登場しており、1stステージでは「ホノルル・ガール」、2ndステージでは「ガガーリン」と、それぞれ異なるメニューになっている。併せてチェックしていただきたい。

Photo by Kenju Uyama
text by 杉本ゆかり

◎公演情報
【NONA REEVES】

ビルボードライブ大阪
2018年4月10日(火) ※終了

ボードライブ東京
2018年4月13日(金)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

NONA REEVES、4月に東阪ビルボードライブ公演が決定
NONA REEVES、20周年記念新AL10月リリース決定&20周年記念ライブ開催
NONA REEVES、【ノーナ最高祭】第二夜開催 「もう泣きそう」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy