体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談

どんな間取りに住めば二人で幸せになれる?

仲良く同棲生活を続けるためには、二人にぴったりの部屋を見つけるのが何よりも大切。いつも一緒にいたいと思っても、相手は自分の時間が必要なタイプかも? お互いのライフスタイルや性格をよく考えて物件を吟味しよう。

いくら仲良しカップルでも、違う人間なのだから二人が満足する物件を探すのは簡単なことではない。お互いのライフスタイルを考慮して、「譲れない条件」を事前に決めておくことが、スムーズな物件探しのコツ。特に間取りはライフスタイルを左右する重大な要素なので、よく話し合ってから決めよう。
二人の暮らしを想像しながら話し合うのも楽しい時間。通勤経路や家での過ごし方、家事の分担など事前に確認しておくことで、自然と二人暮らしの部屋の「譲れない条件」が見えてくる|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談

二人の暮らしを想像しながら話し合うのも楽しい時間。通勤経路や家での過ごし方、家事の分担など事前に確認しておくことで、自然と二人暮らしの部屋の「譲れない条件」が見えてくるそれぞれの間取りのメリット・デメリットを考える!

譲れない条件が決まったら、物件の間取りを考えよう。一般的に二人暮らしには1LDK、2DKの間取りがいいとされているが、それぞれのメリット、デメリットについて考えてみたいと思う。【1LDK】お互いの生活習慣を理解している長年付き合ったカップルにオススメ

付き合いが長いカップルや、一人の時間がなくても大丈夫なタイプはこちら。

ケンカをしても逃げる場所がないが、その分早く仲直りできるという声も。全てのスペースを共有するので、衛生観念が違うとケンカのもとに。
広いリビングが二人のくつろぎの場所となる1LDK|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談

広いリビングが二人のくつろぎの場所となる1LDK【メリット】

■ 一緒にいる時間が長くなり、絆が深まる
■ ケンカをしても顔を合わせているので仲直りが早い
■ 部屋を広く使えるので、ホームパーティーにも◎【デメリット】

■ 一人の時間が少ない
■ 収納が少ない
■ 衛生観念に違いがあるとケンカのもとに【2DK】自分の生活スタイルを守ったまま二人暮らしができる

ダイニングキッチンのほかに2つの部屋があるので、片方をリビング、片方を居室として使用できる。他にも互いの居住空間を分けたり部屋をフレキシブルに使える。しかし部屋数が多いせいか、生活スタイルによってはすれ違いが発生する場合も。
ダイニングキッチンの他に2つの部屋があるタイプ。2つの部屋のどちらかは寝室になるパターンがほとんど|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談

ダイニングキッチンの他に2つの部屋があるタイプ。2つの部屋のどちらかは寝室になるパターンがほとんど【メリット】

■ 部屋をフレキシブルに使える
■ 自分の生活スタイルを守れる
■ 収納が充実【デメリット】

■ 二人でくつろいだり人を招く広い部屋がない
■ すれ違い生活になる可能性も

このように、どちらの間取りが絶対にいい!ということはない。二人の関係性を考慮して間取りを選ぼう。1LDK、2DKに住むカップルに、二人暮らしの実態について聞いてみた!

先輩カップルは間取りをどのように使って、どのように暮らしているのか。実際に2組の夫婦に、その暮らしぶりについて聞いてみた。1LDKに住む、吉田さん夫婦の場合共働きでも二人の時間を捻出している吉田さん夫婦に、1LDKでの二人暮らしについて聞いてみた|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。