体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJI Telloのプロペラ交換方法を解説

DJI ブランドの下で販売中の高性能トイドローン「DJI Tello」のプロペラの交換方法をご紹介します。
DJI Tello は小型軽量のトイドローンということもあり、プロペラはとても脆く簡単に折れてしまいます。
私の経験談になりますが、充電中に床に置いていた Tello をうっかり足で踏んでしまったところ、軽く踏んだだけなのにプロペラがボキッと折れてしまいました。
Tello のパッケージには予備のプロペラが 1 セット分(4 枚)ありますので、予備と交換すれば元通りになりますが、ハメコミ式プロペラなので着脱は DJI ドローンとは全然違います。
パッケージにはプロペラとメガネレンチのような小さな工具が含まれており、プロペラを外す際にはその工具を使います。
工具の空いている側をプロペラ直下の隙間に挟み込み、工具の反対側を軽く下に押し下げてテコの原理の要領でプロペラを持ち上げると外れます。
問題はプロペラの装着です。
プロペラはモーターの軸受に置き、上から押し込んで取り付ける仕組みです。
この時プロペラをモーターの真上から垂直下向きに押さないと運が悪ければ軸受けが歪む可能性があります。
慎重に真上から押し込みます。
私の場合、少し力を入れて押し込んでもモーターの軸受が曲がったり、軸受とモーター本体に設けられた隙間が広がったりといった故障は起きませんでした。

■関連記事
VRメディアストリーミングアプリ「Plex VR」がGear VRに対応開始
Etorenで「ASUS ZenFone 5」と「Huawei P20 Pro」の販売がスタート
Google、4K 60fps対応のスティック型Android TVデバイスを開発中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。