体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異世界転移したおっさんとショットガンは“伝説”になる。アクションアドベンチャー問題作『Shotgun Legend』

現実世界に生きる人間が何らかのトラブルに巻き込まれ、剣と魔法のファンタジー世界に送り込まれてしまう「異世界転生(異世界転移)」の題材は昨今のみならず、過去においても漫画、アニメ、ゲームで扱われ、多種多様な名作・怪作が生まれた。

ただ大抵、異世界に送り込まれる人間というのは少年か少女。
中年男性……”おっさん”が送り込まれるケースは稀だ
 
image1
 
今回紹介する『Shotgun Legend』は、そんなおっさんの異世界転移を題材にしたアクションアドベンチャーである。本作は2017年6月8日にゲーム配信プラットフォーム「Steam」でPC用早期アクセスタイトルとして配信。それから半年間に渡ってアップデートを重ね、2018年1月16日に製品版がリリースされた。制作は個人開発者のJonathan Tindel氏。ゲームを起動すると間もなく、その御姿を拝むことができる。(御自身のTwitterでも拝める)
 
image4
 
なにを咆哮しているんだこの人、と思ったかもしれないが気にしてはならない。

異惑星から脱出せよ。トラック用タイヤのリムで。

とにもかくにも、物語を紹介しよう。
本作の主人公は「ユージーン」というおっさん。ある日、彼はトラック用タイヤのリムを探そうと廃品置き場に訪れた。だが、一つのリムを拾い上げたその瞬間、空に穴が開いた。いわゆる「ポータル」である。お約束通りに彼はそれに吸い込まれてしまい、気付いた頃にはエイリアンとそれに惨殺された屍が跋扈する異世界……もとい、異惑星の島に降り立っていた。
 
image11
 
かつては人間達が生活を営んでいたこの島だが、過去に血も涙も良心もないエイリアン達が天より襲来。瞬く間に住民達を虐殺し、地上を支配してしまった。今も人間達は僅かな数が生き延びているが、ほとんどは地下で暮らしており、地上を歩くこともままならないという。

しかし、そんなのユージーンにとってはどうでもよい話。
彼にとって重要なのは一刻も早く地球に帰ること。そんな訳で自身と一緒に異惑星へ持ち込まれた「ショットガン」を手にこの世界の探索を始めるのだった。

なんとも勢い任せな物語だが、気にしてはならない。
異世界を題材とした物語に強引さは付き物なのだ。多分。
 
image10
 
さて、この惑星からどのようにして脱出するかだが、その為には件のリムが必要となる。
リムは世界各地に点在する地下迷宮(ダンジョン)にあり、その最深部に待ち構えるボスを倒すことで入手できる。そして、これを10個集めると地球へと帰れる「ポータル」を作り出せる……らしい。そんな訳でプレイヤーはユージーンを操作し、フィールドを歩き回ってダンジョンを探し出し、内部に潜ってリムの回収を目指すのが大まかな流れとなる。至ってシンプルなルールだ。

だが何故、異惑星からの脱出にリムが必要なのかという大いなる謎が付きまとう。
それについてはシンプルに「気にしたら負け」と言っておこう。繰り返しになるが、異世界を題材にした物語に強引さは付き物なのだ。なんでもありなのだ。多分。きっと。おそらく。

ところで、ここまでゲームプレイの様子を紹介していなかった。
改めて以下に載せよう。
 
image5
 
このように2Dの見下ろし視点で繰り広げられていく形となる。このフィールド上を歩き回り、行く手を阻むエイリアン達を撃退しながらダンジョンを探っていく。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy