体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。

見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。

地方出身者としては、たまに都会のコンクリートジャングルに疲れることがある。

どこを歩いても硬い地面。
緑はたまに見つけても街路樹くらい。
地元の田舎町のように田んぼを申し訳なさそうにつき進むあぜ道もない。

帰宅しても、薄暗い部屋じゃ疲れもとれそうになく、
せめて自炊をしようとしても、野菜が驚くほど高い。
地元じゃコレ100円だよ??なんなんだよ、もう……。

そんなに日当たりのいい部屋じゃないから、観葉植物も置けない。
そもそも土替えとか手間そうだし、虫がわくのもこわいし。

文句ばっかりの疲れた現代人。
私を、見るも食べるも好きにして?

見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。

人間、忙しくなって心に余裕がなくなると、食生活も部屋も肌も性格も荒れてきますよね。困ったもんです。

これは、小松若葉(ウィートグラス)をLEDの明かりで育てるテーブルランプ。その名も「Grasslamp」。土や日光も必要ない水耕栽培で、ライトの下にタネと少量の水を入れて、毎日スプレーで水をかけるだけで、約半月でしっかり育つというもの。日の当たらない部屋でもOKなのが嬉しいですよね。

水耕栽培で育てられるマイクログリーンであれば、小麦若葉でなくても問題ないようです。見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。

このランプで育てた植物を料理に使えば、いくらか食費も浮きそうです。都会の自室にいながらにして、自分で育てたものを食べられるなんて、なんだか豊かな暮らしを送っているような気になりますよね。

「The less is more(余計なものは必要ない)」の考えのもと、デザインされているため見た目もシンプル。見ても食べても◎グリーンが勝手にぐんぐん育つ「テーブルランプ」。

デザイナーのMarko Vuckovicさんは、

グラスランプは、「自然」と「人」とのコネクターだ。

と語っています。
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。

ちなみにAmazonでも購入できます。まあ、価格はかなりするんですがね(笑)

 Licensed material used with permission by Marko Vuckovic

関連記事リンク(外部サイト)

実は水の中でも育つ!サボテンの「水耕栽培」での育て方
3週間ほったらかしでもOK!「ハーブや野菜」を自宅で水耕栽培できるキット
お洒落な部屋を演出する。クロッカスの水耕栽培での育て方

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。