体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Cheeky Paradeが解散を発表――ラストライブはLA留学組含む7人で実施

Cheeky Paradeが解散を発表――ラストライブはLA留学組含む7人で実施

 Cheeky Paradeが、2018年7月31日をもって解散することを発表した。

 2012年2月19日に結成、2013年1月9日にメジャーデビューを果たしたCheeky Parade。2017年には新体制(日本国内組5人、LA留学組2人)へと移行してアイドル活動を行ってきた。

 解散にあたり、メンバーはそれぞれコメントを発表。ラストライブは7人で実施予定となっており、詳細は後日発表される。

◎Cheeky Paradeコメント

▼渡辺亜紗美
Cheeky Paradeが終わります。
私達はいまが本当に楽しく、終わる実感なんて全く湧かないし、ただ理解しようとすると悔しい気持ちと沢山の感情が一気に押し寄せてきていっぱいになります。
Cheeky Paradeを応援してくださったファンの皆さん、本当にごめんなさい。みなさんが真っ直ぐに伝えてくださる「楽しかった」「ライブを見ると元気になれる」そんな言葉たちに私達はずっと支えられていました。そして国境をも超えたエールに、沢山の力をもらっていました。だから、皆さんに解散をお伝えしなければならない今日を迎える事が、今まで生きてきたどんな日よりも嫌でした。
こういう形で、Cheeky Paradeとしての活動を終えることとなってしまいましたが、Cheeky Paradeを愛し応援してくださっていたみなさんにも、どんな時も一緒にいてくれたメンバーにも、親身になって支えてくれていたスタッフさんにも、出会うことができて本当に本当に幸せでした。私達が解散しても、Cheeky Paradeが存在していたことを忘れないで欲しいです。
ありがとうの五文字じゃ伝えきれない感謝を込めて

▼関根優那
チキパを応援してくださっている全ての皆様へ
悔しいです。
正直、私自身受け止めきれていなくて、色んな感情が混じっていて、何から書いていいかわからなくて。そんな中で報告することになり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これからもステージに立ち続ける事が私たちの答えだとたどり着いたばかりなのに、こんな形で終わる事になってしまったことがとても悔しいです。なによりも、皆さんの気持ちを考えると心が苦しくてたまりません。
いつも頑張れって応援して支えてくれていた皆さんの思いに答えることができなくなってしまい、本当にごめんなさい。 ごめんなさい。
まだまだ皆さんと一緒に叶えたい夢が沢山ありました。ずっとメンバーとステージに立っていたかった。
私の生活の一部からチキパがなくなる実感がまだ湧いていません。
チキパは、本当に愛されたグループだなと振り返ってみて思います。
だから辛い時は一緒に泣いて、みんなで手を取り合うことができたし、嬉しい時は声を上げて一緒に喜んでくれた。
「絆」これって言葉にするのは簡単だけど、本当にそんな関係になれるのは奇跡だと思うんです。
ここまで一緒に泣き笑いできる仲間、
そしてこんなにも愛してくれるファンの皆さんと出会えるグループってそうないんじゃないかって。
チキパがそんなグループになれたこと。チキパになれたこと。それが私の一番の誇りです。
チキパに出会ってくれてありがとう。
どうか、私たちを忘れないでください。
解散してもしなくても、チキパという存在が皆から消えることが1番怖いんです
だから心の中に生き続けて欲しい。
これからもメンバー一人一人の事を暖かく見守っていただけると嬉しいです。
この6年間。Cheeky Paradeを愛してくださった全ての皆さん、今まで本当に本当にありがとうございました。
皆さんからもらったもの、ずっと忘れません。
解散ライブでお会いしましょう。

▼島崎莉乃
島崎莉乃です。
この度はいつも温かく見守り、応援して下さっていた皆様へこのような形でお伝えすることになってしまい誠に、誠に、申し訳ありません。
悲しく、寂しい気持ちにさせてしまい、申し訳ありません。
永遠に続いてゆくもの。物も、人も、気持ちも全て何処かに終わりがあるものです。
ただ、私は
このCheeky Paradeに出会って
メンバーの一員となって
”永遠”を感じることが出来ました。
この場所じゃなければ、
こんなにも愛しくて、尊くて、ずっとこの場所を守り続けてゆきたいと
心から思い、全身で感じることは出来なかった。
目を瞑ると
みんなで笑い合い、感情に任せて大泣きし
精一杯に毎日を過ごした素敵な思い出ばかりが思い浮かびます。
私、本当にCheeky Paradeを愛していました。
私たちへ、数えきれないほどの愛情を注いでくださった皆様。
本当に、本当に、ありがとうございました。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。