体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デミ・ロヴァート、【テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー・ワールド・ツアー】が週間ツアー・ランキング首位に

デミ・ロヴァート、【テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー・ワールド・ツアー】が週間ツアー・ランキング首位に

 2018年4月10日付の米ビルボード週間ツアー・ランキング”Hot Tours”で、デミ・ロヴァートの2018年【テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー・ワールド・ツアー】が首位を獲得した。2月26日から4月2日にかけて米国とカナダ20都市を回っていた期間中の収益が約2,020万ドル(約22億円)で、約262,000人を動員した。

 最も売り上げが多かったのは3月16日に行われたニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センター公演で、15,249人を動員し、約150万ドル(約1.6億円)の収益があった。最も動員数が多かったのは3月24日にワシントンD.C.で行われた公演で16,141枚のチケットがソールドアウトした。

 ライブ・ネイションがプロデュースしたデミのツアーの北米日程のオープニング・アクトはDJキャレドとケラーニだった。

 開幕が数日後に迫っていた中南米日程が突然変更されたため、【テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー・ワールド・ツアー】は5月24日の北アイルランド・ベルファスト公演から再開され、6月末まで欧州を回る予定になっている。振り返られた中南米日程は9月20日にメキシコからスタートする。

 デミ・ロヴァートがツアーを行うのは、2016年にニック・ジョナスとの合同ツアー【フューチャー・ナウ】以来で、このツアーは米国とカナダで37公演が開催され、280,045人を動員し、1,600万ドル(約17億円)以上の興行収入があった。

関連記事リンク(外部サイト)

デミ・ロヴァート、ワールド・ツアー中南米日程の変更を発表
3/24開催の銃規制集会にアリアナ/マイリー/デミなど著名人が参加
ビヨンセの継父、ジェイ・Zとのツアー【オン・ザ・ランII】は難題に直面することになると明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。