体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美肌効果を期待するなら、この海鮮料理がおすすめ

美肌効果を期待するなら、この海鮮料理がおすすめ
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。4月10日(火)のオンエアでは、魚の栄養の吸収がアップする、お得な食べ方に注目しました。

■おすすめは刺身

話を伺ったのは『その調理、9割の栄養捨ててます!』(世界文化社)の監修を務めた、赤石定典さん(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部)。赤石さんによると、サバやイワシなどの青魚は、加熱しないほうがいいそうです。

赤石:血管の健康を保つ働きがあるEPA(エイコサペンタエン酸)と、脳の発達に関わるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、加熱すると魚の油と一緒に成分が流れてしまうので、火を通さない刺身が最適です。

ちなみに、焼き魚にすると栄養成分が2割減、揚げると5割減になってしまうそうです。

■皮も食べること

魚の皮には、EPA、DHAのほか、タンパク質とコラーゲンが含まれています。赤石さんによると、皮ごと食べるほうがいいのだとか。そこで、おすすめの食べ方をお訊きしました。

赤石:EPAとDHAは、空気に触れると酸化しやすいため、にんにく、生姜、しそなどの抗酸化作用のある野菜と一緒に食べるのがおすすめです。

美肌効果も期待できるというイカも、皮付きで食べるほうがいいと赤石さん。

赤石:皮付きで食べると、薄皮に含まれる9割のコラーゲンを吸収できます。コラーゲンは、動物性と植物性の両方の要素を持っていて、牛肉や豚肉などの動物性のコラーゲンと比べると、7倍も吸収率が高くなります。

また、イカには肝機能を高めて疲労回復、生活習慣病を予防する効果が期待できる、タウリンが含まれています。タウリンを効果的に摂取するためには、肝機能に働きかける成分「クルクミン」が含まれる、カレー粉と調理するのがいいそうです。早速、試してみてはいかがでしょう。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。