体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初心者もすぐ上手になる!絵本作家が教える水彩画レッスン本


水彩画を始めてみたいけど、センスがないから難しそう…などと躊躇していた人におススメの本が登場する!

気に入ったスイーツをインスタグラムに載せるように、お気に入りのモチーフを気軽な気持ちで描くレッスンができるのが、4月16日(月)に刊行される水彩画の練習本「身近なモチーフですぐ上手くなる水彩画」だ。

絵本作家と画家のプロフィールを持つ堀川理万子さんによる「身近なモチーフですぐ上手くなる水彩画」では、初心者が水彩画を描くために必要な画材や技術をやさしくレッスン。


描く物も花や果物、ぬいぐるみ、カトラリーなど身近なもので始められるよう紹介されているので、始めやすいのが特長だ。


水彩画を描くコツである“かたち・色・光と影”を中心に解説されており、さらに水彩画ならではの技法をていねいに教えることで、初めての人でも絵を美しく表現できるように工夫されている。

「誠文堂新光社」刊行の「身近なモチーフですぐ上手くなる水彩画」は、AB判112ページで1600円(税抜)。素敵に描けたら、水彩画を額装してお部屋に飾ってみてはいかが?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy