体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超人気番組『ダラケ』出演の裏社会ライターが“違法賭博の闇”をさらに語ります!

民放番組を震え上がらせるほど過激な内容で、コアなファンを掴んで離さないBSスカパー番組『ダラケ』
千原ジュニアさん司会女優の米田弥央さんをアシスタントに迎え、毎回、テーマに沿ったディープな裏業界のプロフェッショナルが3~4組回答者として出場し、正解得点を競い合うスタイルのクイズ番組。

その世界、体験者、取材したライターには超常識の事柄でも、一般人にとっては知る由もない驚くべき正解が導き出される。視聴者にとっては、普段では聞くことのできない興味ある情報が満載なのです。大手動画サイトに無断転載されても、常に再生回数が急上昇ランキングにあがるほど人気のこの番組は、各方面からも注目され、いろいろな番組に影響を与えています。

違法賭博は闇が深すぎる

どもども、あいさつが遅れました、裏社会ライター兼特殊犯罪アナリストの丸野裕行です!
実は先日僕も『ダラケseason14 第3回 ~違法賭博を知る男ダラケ~』にパネラーとして出演させていただきました。

僕は、博打サロン(サテライトスタジオ)をはじめ、八百長ボクシングなんかも取材をしてまして、「殺すぞ!」という脅し電話などが頻繁に入るなど、とにかく闇が深いと感じています。

ちなみに、僕が今まで取材してきた違法ギャンブルの場所をお教えしましょう。

<これまで潜入取材した違法賭博(闇カジノ)の場所>
・大阪ミナミ宗右衛門町/博打サロン(サテライトスタジオ)
・大阪西成区萩之茶屋/三角公園に立つボン(賭場)
・大阪ミナミ東心斎橋/ネットバカラ賭博場、パチスロ
・京都祇園縄手通り近く/バカラ賭博場

ね? 関西のみなんですが、かなりありますよね!

博打サロンというのは、公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレースなど)をメインにノミ行為を店舗型で運営しているところです。最近では、違法カジノに取って代わられましたが、一時は栄華を極めていたんですね!

さらに、違法ギャンブル自体のことではなく、それにハマっている人間たちに魅力を感じてしまい、取材したのが、生活保護費が支給される当日に賭場が立つあいりん地区(西成)

「行ったれ!」「させ! させ! このあほんだら!」と一晩で生活保護費受給者は散財する人々もいました。以前は、路上でチンチロリン(青空サイコロ賭博)が行われていたのですが、今ではドヤ(簡易宿泊所)の一室で行われることが多いんです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy