体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に知りたい! いまAmazonで売れている『デジタルカメラ&ビデオカメラ』のランキング・ベスト5をチェック!

本当に売れている「デジタルカメラ」「デジタルビデオカメラ」って何だろう? そんな消費者のニーズに応えるべく、おためし新商品ナビでは独自にAmazonの売れ筋ランキングを調査している。今回は『デジタルカメラ』『デジタルビデオカメラ』2018年2月の販売数ランキングをチェック! 各ベスト5をランキング形式で紹介しよう。(調査はアドウェイズ社が提供するECデータ推計サービス「Nint(ニント)」のデータを元にした)

 

【デジタルカメラ】第5位:Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK

 

キヤノンの入門者向けデジタル一眼レフ『EOS Kiss X8i』と、標準ズームレンズ『EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM』のセット商品。すでにキヤノンEOS Kissシリーズでは最新モデル「EOS Kiss X9i」が販売されているので、いわゆる一世代前の“型落ち”商品だ。

 

2015年2月発売なので、すでに3年が経過しているモデルだが、センサーは約2420万画素CMOSセンサー搭載で、液晶モニターもワイド3.0型(約104万ドット)と現行のKiss X9iと同じ。主な違いはBluetoothに対応した点と、オートフォーカスの測距点が19点から45点に増えたこと。レンズキットの構成が18-55mmから18-135mmへと変更になったことぐらい。

 

逆に考えれば、こういった改良ぐらいで半額(Kiss X9iはレンズキットで12万3,000円強)なら、迷わずにこちらを購入しようと思ったのだろう。また、桜の時期のちょっと前であることも考慮すれば、今年の桜はデジタル一眼で、と考えた人が購入したのだろうという予測ができる。

 

【デジタルカメラ】第4位:RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-50 ブラック 防水14m耐ショック1.6m耐寒-10度 RICOH WG-50 BK 04571

RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-50 ブラック 防水14m耐ショック1.6m耐寒-10度 RICOH WG-50 BK 04571

水深14メートルで連続2時間の水中撮影が可能な本格防水性能を持つコンパクトデジタルカメラ。氷点下10度でも作動したり、1.6メートルの高さから落としても大丈夫というタフさが売りとなっている。

 

発売は2017年5月というから、もうすぐ1年となる。有効画素数は約1600万画素で、1/2.3型CMOSセンサー(第5位のキヤノンKiss X8iよりかなり小さい)。写真画質に関しては、正直さほど特筆する性能ではない。なぜ売れたのか、記者にはよく理解できないというのは本音のところ。無理やり理由を考えるとするなら、上記のタフさが工事現場の撮影用途として人気があるのだろう。2月という時期を考えると、4月から新社会人になる学生たちが仕事に使うために購入したのかなという印象だ。

 

【デジタルカメラ】第3位:Nikon デジタルカメラ COOLPIX A10 シルバー 光学5倍ズーム 1614万画素 【乾電池タイプ】 A10SL

1 2 3 4 5次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。